VPNを中国で使う方法:2017年版 - 中国IT情報局

2017年も中国ではGmailやGoogleを含む多くのサイト・サービスが規制され接続ができません。日本にいた頃と同じように中国でGmailやGoogleを使うための手段であるVPN接続について解説

2015年1月末下記に移転しました。

https://jcvisa.info/

ブックマーク変更お願いします m(_ _)m

中国でVPN [4] - 無料VPNをつかってみる!

【どのVPNサービスがいいか?】

前回までにVPNサービスには「法人向け」と「個人向け」の2種類があることを紹介しました。もちろん、みなさんが必要なのは個人向け(可能であれば無料or安いもの)。では、どこのサービスがいいのでしょう?

【まずは無料で試す!】

VPNをつかえば、本当に検閲回避できるの?と思うひとにまずおすすめしたいのは、無料のVPNサービスです。下記の無料VPNサービスは、専用のプログラムを入れてつかいます。

- Hotspot Shield -
Hotspot Shieldは、専用のソフトをダウンロードしてVPN環境をつくります。セットアップも非常にかんたんです。
1.ここをクリックして、Hotspot Shieldのプログラムをダウンロード
※後述の理由から、ファイルへ直接リンク(CNET Downloads)しています
cn-download
※画像をクリックすると拡大します

2.CNETのダウンローダソフトをつかってファイルをダウンロード。ダウンロードする場所を選択します
cn-download3
※画像をクリックすると拡大します

3.ダウンロードソフトがソフトをダウンロードします
中国語からQQ、両替に仕事まで中国生活のニュース
※画像をクリックすると拡大します

4.”HSS-2.04-install-anchorfree-244-ask4.exe”をクリックしてセットアップ開始
cn-download5
※画像をクリックすると拡大します

5.Hotspot Shieldのプログラムを起動して、インターネットを利用

試しにブロックされているFC2ブログFacebookなどをひらいてみてください。どうですか?

【中国政府の妨害】

VPNを利用しない場合、Hotspot Shieldのページ自体開けません。上記の1でファイルに直接リンクしている理由です。また、Hotspot Shieldをキーワードに検索してもすべてブロックされるという徹底ぶり。中国政府の情報統制すごいです。

この検閲方法は、いいかえるとあなたが使っているIDやパスワードなども中国政府に盗み見されている可能性があるということです。プライバシーの”プ”の字もありません。以前にあげたVPNを使ったほうがいい理由の一つです。

【追記 2011-10-21】

上記ですが、別記事でも指摘しました通り、VPNサーバへの接続そのものがブロックされました。したがって、利用できません。

中国でVPN [3] - VPNサービスの種類

【VPNに必要なもの】

中国からVPNを利用するとメリットが多いと前回まで書きました。
では、どうやって実現しましょう?

VPNはそもそも検閲回避のためのシステムではなく(あたりまえですが…)、異なる拠点間を安全に結ぶためのものです。複数拠点の接続方法ですから、まともにやろうとすると以下のものが必要となります。

  • インターネット回線(接続元)
  • インターネット回線(接続先)
  • VPNサーバ(接続先:VPNルータも可能)
  • VPNクライアント(接続元)
これらの設備を個人が準備、環境整えて、保守運用するのは結構たいへんです。自力でやろう!という方は、ぜひ下記をごらんください。

インターネットで構築するVPNの仕組み
http://ascii.jp/elem/000/000/458/458944/


ゼロ円でできるインターネットVPN
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/special/openvpn/openvpna.html


【日本のVPNサービス】

日本のプロバイダーが提供するVPNサービスは、異なる拠点の間のネットワークをネット事業者さんが提供するものが多いです。つまり、接続元と接続先は自前で用意しろということです。

たとえば、このページをみている人が自前でVPNルータをもっていて、自宅のPCを立ち上げしっぱなしにして、また自前でインターネット契約していれば問題ないのですが、それは非常に難しいですよね?
#わたしのように趣味でサーバ立ち上げていれば別ですが…。

したがって、このページをみている人は下記のようなサービスが必要になります。
  • クライアント:今使っているパソコンです
  • インターネット回線(中国側):今つかっている回線です
  • ネット検閲(規制)のない国においてあるVPNサーバかルータ
この手のサービス、どうも日本にはない or お値段が高そうです。そこで、私が調べた無償&有償サービスを次回ご紹介します。

中国でVPN [2] - VPNのメリット

【VPNのメリット】

VPNのしくみを前回紹介しましたが、VPNのメリットはなんでしょうか?
  1. 自由なネットワークアクセス
  2. 安定したネットワーク接続
  3. 海外特有サービスの享受
  4. プライバシーの保護
1,2,4はすべて検閲システムにからんでいます。
1は、検閲システムを回避して自由にアクセスができるようになること。例えばみなさんがよく使う(使っていた)”Youtube”、”ニコニコ動画”や”FC2”などへ自由にアクセスができるようになります。

2についてですが、中国の検閲システムは性能的にとてもお粗末です。他の中国製品同様、コンセプトなき設計と製造されています。そして、これにひっぱられて検閲対象外(閲覧可能ページ)であっても影響をうけます。具体的には、セッション(ネット接続)が突然切れたりや通信速度の大幅な低下です。検閲システムを回避すると、これらを大幅に改善できます。
#実際、わたしの場合、VPN導入後不安定さが大幅に解消できました。

3ですが、ネット上のサービスのほとんどは、アクセスするユーザのアクセス元をみています。そして、マーケティング上効果のない人などへの提供を止めています。どこのVPNサーバを選択するかで、こういう制限を回避することができます。
#例えばGyaoは海外ユーザはみることができません。VPNサーバが日本にあれば可能です。

4ですが、すべてのネット上のデータは中国政府に監視されています。したがって、大切なデータやID、パスワードなども”盗み見”されているわけです。たとえ、そんな重要でないとしても、みられているって気分悪いですよね?

【VPNのデメリット】

コストがかかります。
無料のVPNもあります。しかし、後述しますが複数の理由から有料のVPNのほうが使い勝手がいいです。

中国にいるとネットの不便さがきわだつので、コスト(投資)にみあった十分なものがえられます。

中国でVPN [1] - VPNとは

【中国の検閲システムとVPN】

中国の検閲システムには、前回VPNがもっとも有効だと書きました。では、VPNはどういうもので、なぜ中国の回避が可能なのかを説明します。

まず、中国の検閲システムは下図のような感じです。

中国検閲システム
※クリックで画像拡大できます

ちょうど国内(中国電信)と世界との間に、中国の検閲システム(電脳万里の長城)がはいりこんで、当局が判断。その後、不適切とみなされた場合、そのまま遮断されます。中国のイミグレで弾かれていると思っていただければ結構です。

【VPNのしくみ】

VPNは、もともとインターネット(公衆回線)を専用回線のように使うためのしくみです。通信の発信元と受け取り先の間を暗号化することで、安全性を保ちます。VPNは暗号化の手段の一つなので、破られる可能性はあります。
しかし、今のところリアルタイムでそれはできません(と言われています)。

VPNで回避
※クリックで画像拡大できます

上記の図の接続元(中国国内のPC)から接続先(海外のVPNサーバ)の間が暗号化されます。その結果、中国の検閲システムは内容を見ることができず、制約を回避することになります。

中国とネット規制 [4] - 規制の程度

【ネット規制の程度】

本サイトの趣旨から若干脱線しますが、ネタとしてお読みください。

中国のネット検閲がどの程度徹底しているかご存知でしょうか?日常生活では、どこどこが見られないとか、どこどこから何かがダウンロードできないという程度です。しかし、日本人が思う以上にこのシステムは徹底しています。

たとえばですが、中国最大手のブログサイトである”新浪博客”やQQについてくる”QQ空間”などで日記を書こうとします。書いた日記に当局が不適切と認めた単語がふくまれていると、すぐに削除or公開そのものができません。
去年(2010年)ノーベル平和賞ネタをQQ上で書こうとしたときに、なにが検閲対象だったのかはわかりませんが、こんなメッセージがでてきました。

”您有部分日志因不符合互联网相关安全规范或被多名用户举报,现暂不支持他人查看, 建议您及时对审核未通过的日志进行清理,以便享受更好的QQ空间服务。”

簡単に翻訳すると”お前の書いた内容には安全規定に反するものがあるから、申請をしないと公開はできないうんぬん”。

この規制は、ブログなどに限らずQQなどのインスタントメッセンジャー、さらには普段KTVの小姐などとやりとりしているショートメッセージなども含まれています。つまり、おおやけになりうるすべての情報にたいして検閲システムが入り込んでいるわけです。

さらに、こういうことは外国人であればある程度知っているし、ネットでさらっと調べれば出てくるのですが、当の中国人自身が知りません。とある中国人は「そんなわけない。なんの利益があるんだ?」とまで言っていました。

おそるべし、洗脳と情報統制。

中国とネット規制 [3] - 私が過去にやった対策方法

【試行錯誤の連続】

幸か不幸かはべつとして、中国に来てしまった以上私もめでたくネット規制(検閲)システムの管理下です。
しかし、そのままではいろいろと不便です。
どうにできないかと思って、来た当初は、いろいろ試しました。

【1. HTTPプロクシを利用する】

プロクシは代理サーバのことです。
この代理サーバを使うとアクセスは下記のようになります。

自分のPC => 中国ネットワーク(中国電信) => 代理サーバ(例えば日本) => 見たいサイト/ページ(ニコニコ動画など)

確かに代理サーバ自体は海外にあるのですが、代理サーバを通る前に、中国の検閲システムに引っかかってしまいます。例えば、URLなどや検索キーワードに禁止文言などが入っていたり、サーバー名があるとアウトです。

『結論:☓』

【2. リモートデスクトップを利用する】

Windowsは標準でパソコンを遠隔利用出来るソフトがついています。
"リモート デスクトップ接続"とよばれるソフトです。これを利用すると、下記のようになります。

自分のPC => 中国ネットワーク(中国電信) => 接続先PC(例えば日本の自宅) => みたいサイト/ページ

この方法だと、実際にウェブサイトを開くのは接続先PCなので、日本にPCがおいてあれば日本で利用しているのとおなじになります。また、個人のPCの接続先(IPアドレス)が禁止されている可能性は低いので、完璧な解決方法といえます。しかし、この方法は次のような条件をクリアしなくてはいけません。

  1. 接続先PCは使うときに動いている必要がある(24時間稼働か自動起動する仕組みが必要)
  2. 接続先PCのIPを知る手段が必要 (動的IPと固定アドレスをヒモ付する仕組みが必要)
  3. リモートデスクトップ自体もパケットを発生させる(結果、利用帯域が狭まる)
  4. 接続先PCが停電などで落ちた場合、なにもできなくなる
日本であれば50Mbps以上が普通なので問題ありませんが、8MBで大容量(しかも、上下非対称)などと宣伝する中国の場合かなり辛いです。動画の再生などの場合、かくかくになり使用には耐え難かったです。

『結論:△』

【3. 代理読み込みサービスを利用する】

これは、Webページに限りますが代理で読み込みをしてくれるサービスを利用します。
仕組みとしては2に近いのですが、ブラウザを相手先で動かしているような感じになりますので、比較的簡易に動かすことができます。ただ、この手のサイトはほとんどないのと、広告などが非常に目障りです。

『結論:△』

【4. VPNを利用する】

VPNは、仮想プライベートネットワークのことです。
例えばですが、VPNサーバがアメリカにあると、あたかもアメリカのお部屋にいるような感じでネットワークが使えるようになります。この場合のネットワークの流れは…

自分のPC※1 => 中国ネットワーク(中国電信) => VPNサーバ(例えば日本)※2 => 見たいサイト/ページ(ニコニコ動画など)

同じように見えますが、※1と※2の間が暗号化されます。結果的に理論的に下記のようになります。

自分のPC => VPNサーバ(例えば日本) => 見たいサイト/ページ(ニコニコ動画など)

リモートデスクトップのように、無駄なネットワーク利用が無いので快適にネット利用ができます。

『結論:中国のネット規制(検閲)対策はVPN!』

中国とネット規制 [2] - 規制対象は?

【中国から開けないサイト(海外編)】

中国が目指す”健全なネット社会”のために、巻き込まれている外国人が多数いることを前回書きました。
では、具体的にどういう(中国から見ると不健全な)サイトが開けないのでしょう?

まずは海外の有名なところからみてみましょう。 中国の自宅にいる方は上記を直接クリックしてみてください。下記のような反応になるはずです。
  • 白紙のページが出てくる
  • 503(HTTP内部エラー)と表示
  • 『接続できません』と表示(タイムアウト)
それぞれのエラーは技術的には異なりますが、原因は同じで検閲システムです。結局、”見られない”ということになります。また、Google自体も当局から目のかたきにされているようで、検閲キーワードを含まないのにもかかわらず、検索失敗や接続失敗になります。

【中国から開けないサイト(日本編)】

海外とおなじく、日本のサイトであっても不健全なサイトは開けません。
例えば下記のようなサイトです。 中国当局がいかに青少年の健全な育成に力を注いでいるかおわかりいただけましたでしょうか?(棒読み推奨)
余談ですが、このブログがlivedoorで開設しているのは、今(2014年6月2日現在)規制対象となってないからです。ただ、画像はなぜか表示されません(これはlivedoor側の仕様と予測)

開けないサイトのほとんどが、ユーザー発信型コンテンツです。中国当局は人民に一切の自由な情報受信や発信(とくに民主主義とか自由主義とか)や当局の腐敗ネタ(賄賂ネタや官憲の横暴に対する暴動など)をさせたくないということなのでしょう。

しかし、中国に(理由はどうであれ)住んでる外国人としては不便ですね。
さて、どうしましょう?

中国とネット規制 [1] - 概要

【中国で生活】

海外に留学や仕事で生活している邦人は、約113万人います(2009年統計)。
1位は宗主国(?)ことアメリカで1/3に相当する39万人。これについで多いのが中国。統計では、12%相当にあたる13万人らしいです(台湾含まない)。

このうち2万人が香港とのことなので実質大陸に住んでいるのは11万人ということになります。統計が2年前ですので、最近の中国進出ラッシュ加味するともうすこし多いはずです。
※ 参考:統計局ホームページ/世界の統計 第2章 人口

逆にいうと、この11万人のみなさんは一部をのぞいて、中国のネット規制(検閲)にイライラしているということになります。11万人という数字は、日本のちょっとした地方都市なみですからすごいですね。

【中国の情報規制】

中国住んでるとわかりますが(または出張などしてみると)、中国はすべての情報を国家が統制しています。新聞、雑誌、TV、ラジオにインターネット等々。例えば、新聞であれば発行許可番号なんちゃらというのがあります。ゲリラ新聞でもなければ、事前検閲を受け当局が認可したものじゃないと世間に出すことはできません。

例えば、中国で去年(2010年)ノーベル平和賞を受賞した中国人がいましたが、これの扱いは非常に小さいものでした。また、その後これに抗議して中国政府がなにをしたのかは、いっさい触れていません。当局の意向がそのまま反映されているのが中国のメディア媒体ということになります。

【中国とインターネット】

インターネット上のサービスなども政府が指定するソフトウェア(監視ソフト)をいれていない場合、公開が許されません。もちろん、公開そのものも認可が必要となります。

たとえば、Googleの中国語版の百度(バイドゥ)ですが、ページ下にちゃんと”京ICP证030173号”というのが書いてあります。『ぼくは公安当局の犬です』と明言しているわけです。

当局の意図するところとしては、『青年の健全な育成と不必要なデマや情報操作などを排して健全なネット社会の確立』らしいのですが、それが建前であることは歴然です。

そんな中国で外国人が自由に情報を手に入れるのは非常に至難の業です。
では、どうしたらいいのでしょう?
管理者おすすめ優良VPN
Hide My Ass! Pro VPN(HMA) は、毎年VPNランキングでランクインするシンプルな料金体系で50を超える国や地域のサーバが利用できる高速VPNです(オススメNo.1)

HideMyAss.com

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!

PureVPN は、毎年VPNランキングNo.1に選ばれている高い信頼性と高速回線が特徴のVPNです(オススメNo.2)

PureVPN

PureVPN の導入方法はこちらの記事です!
12vpn は、中国からでもブロックされていないVPNです。若干割高ですが、中国からVPNなしでサインアップが可能です(中国国内向け)
12vpn

12vpn の導入方法はこちらの記事です!
地域別アクセス元
ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑投票お願い致しますm(_ _)m↑

中国語、次の一歩