中国でVPNを使う方法:2017年版 - 中国IT情報局

2017年も中国ではGmailやGoogleを含む多くのサイト・サービスが規制され接続ができません。日本にいた頃と同じように中国でGmailやGoogleを使うための手段であるVPN接続について解説

2015年1月末下記に移転しました。

https://jcvisa.info/

ブックマーク変更お願いします m(_ _)m

中国でネット [3] - 中国からブログ

【中国からブログで情報発信】

中国に住んでいると、日々面白いことが起きますので(いい意味&悪い意味)、それらを日記で残したいという気分になりますね?ただ、中国様から見て不都合なサイト(自由化やら民主化やら…)は、ドメインごとブロックされています。
これらの一覧を作っているサイトがなかったので、独自で調べて(単に開いただけですが…)みたので、下記一覧記載です。

【ブロックされているサイト】

Ameba
ameblo.jp

FC2ブログ
blog.fc2.com

Yahoo!ブログ
blogs.yahoo.co.jp

【ブロックされていないサイト】

にほんブログ村
www.blogmura.com

goo ブログ
blog.goo.ne.jp

ココログ
www.cocolog-nifty.com

ライブドアブログ
blog.livedoor.com

JUGEM
jugem.jp

忍者ブログ
blog.ninja.co.jp

エキサイトブログ
exblog.jp

上記の一覧は調査日(2011-8-9)現在です。いつブロックされるかはわからないので、VPNをおすすめします。

中国でネット [2] - ブロックテスト

【不安定な検閲システム】

中国の検閲システムは、国家規模で行われている検閲としては、世界最大規模です。しかし、中国(特に中共)がやることは、どれもこれも中途半端です。(仕事されている方は毎日痛感されていると思いますが…)
中国の治安の要(?)である検閲システムもこれに含まれます。例えば、ブロックされるはずのサイトが時間によってはアクセスできてしまったり、検閲外のサイトなのに開けないなど弊害は多数です。そんな時、そもそも検閲対象になっているのかどうかを調べるツールがあります。

Great Firewall of China
http://greatfirewallofchina.org/

使い方はいたってかんたん。まず、ブロックされているかどうか知りたいサイトのURLを貼り付けます。そして、”Test”をクリック。すると、北京、深圳、内モンゴル自治区、黒龍江省、雲南省の5拠点でのテスト結果がでます。

例えば、Yahoo! Japan (http://www.yahoo.co.jp/)の場合…
名称未設定-2
※クリックすると拡大

同じYahoo!でも、中華圏のシンガポール(http://sg.yahoo.com/)だと…
名称未設定-3
※クリックすると拡大

自社のサイトや見られない場合のチェックにいかがでしょうか。

中国でネット [1] - ネット効率を上げる

【ナローバンドの効率的な使い方】

中国ではVPNがないといろいろ不便です。しかし、VPNを導入しても回線の物理的な容量は変わりません。そこで、いかにムダなデータをダウンロードしないで、効率的にデータをかき集めるか?がポイントになります。

1.中国製ソフトを極力使わない
中国系ソフトウェアは、マルウェアのような動作をするものがとても多いです。勝手に広告(画像データ)を落としてきたり、セキュリティホールなどを作るなど、『百害あって一利なし』です。
TerenceQQを除けば、ほとんどのソフトウェアは欧米系のサイトで手に入ります。
※中国製ソフトが欧米系ソフトを模倣しているので当然ですが…。
もしもいれているようであれば、すべて削除しましょう。また、家族や彼氏&彼女が中国人の場合、彼らが使うソフトがネットを圧迫しているかもしれません。

2.広告のシャットアウト
FireFoxのアドオンに、”Adblock Plus”というのがあります。これは、広告を排除するアドオンソフトです。このソフトを入れると、ページの表示時に判定を行い、広告と見られるパターンやファイルなどのダウンロードしません。少ないネットワーク帯域を有効に活用することができます。

参考:Adblock - Mozilla Firefox まとめサイト
http://firefox.geckodev.org/index.php?Adblock

3.多重ダウンロード
同じくFireFoxのアドオンで”DownThemAll!”がおすすめです。これは、一つのファイルを分割ダウンロードすることで、回線をめいいっぱい利用します。場合によっては、ダウンロード時間を半分以下にまで短縮することできます。

参考:DownThemAll!
http://www.downthemall.net/

4.海外メーカーのルータを利用する
これは一見、ネットの効率化と関係なさそうにみえますが、中国製のルータは不要な動作やパケットを吐き出すので、ネットの効率を落とします(すべての製品ではありませんが…)
また、同時にMTU, RWINの調整を行うのも効果的です。

いかがでしょうか?
もちろん、VPNを利用していない場合は、ぜひ利用することをおすすめします。

中国でVPN [13] - PureVPN

【PureVPN】

logo
PureVPNはVPNランキングなどで上位に出てくるVPNサービスです。シンプルな料金体系で、高品質のVPNサービスを受けることができます。

サポートプロトコルなどは下記の通り。
PPTP
L2TP/IPSec
SSL
SSTP

OpenVPNはサポートされていないものの、一般PCやモバイルデバイスからつなげる限りでは特に問題になりません。
本サービスで気をつけて欲しいのは、転送量に制限があることです。STANDARD PLAN(標準プラン)やPUREGOLD PLANにはそれぞれ”Download: 30 GB”とあります。また、他のサービスと異なり、IPを共有するタイプとは別に、専用のIP(固定)を持てるものがあります。

転送量の制限ですが、動画サイト(ニコニコ動画やYoutube)などをちょくちょく見る方は要注意です。1ファイルあたりの容量は小さいのですが、毎日複数みていると、あっという間に超えてしまいます。転送量を気にしないプランを選ぶか、StrongVPN.comのような転送制限のないVPN業者を選びましょう。

導入前までのサポートが若干弱い気はしますが、回線などが比較的太いので、大量にダウンロードしたい方などに向いています。
※プランはPUREGOLD PLANに限りますが…。

中国でVPN [12] - MobileFree.jp VPN 実験サービス

【MobileFree.jp】

ソフトイーサ(SoftEther)という名前を聞いたことがありますでしょうか。

2003年に日本の大学生が開発したソフトウェアで、仮想的なイーサカードおよびスイッチハブを実現するソフトです。その後、同氏は同ソフト名の会社を立ち上げ、その後携帯デバイス向けに”MobileFree.jp”という無料VPNサービスを実験的に開放しています。

本来このサービスの趣旨は、プロトコルなどで制限されている区域から、許されているプロトコルを利用して外部へ接続するというものなのですが、有料/無料VPNと同じことができます。

先日このサービスを思い出して、中国国内でテストしてみました。
結果は…サーバへの接続そのものが阻止されました(涙)

こんなニッチなサービスまでチェックしているとは、恐るべし中共。
管理者おすすめ優良VPN
Hide My Ass! Pro VPN(HMA) は、毎年VPNランキングでランクインするシンプルな料金体系で50を超える国や地域のサーバが利用できる高速VPNです(オススメNo.1)

HideMyAss.com

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!

PureVPN は、毎年VPNランキングNo.1に選ばれている高い信頼性と高速回線が特徴のVPNです(オススメNo.2)

PureVPN

PureVPN の導入方法はこちらの記事です!
12vpn は、中国からでもブロックされていないVPNです。若干割高ですが、中国からVPNなしでサインアップが可能です(中国国内向け)
12vpn

12vpn の導入方法はこちらの記事です!
地域別アクセス元
ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑投票お願い致しますm(_ _)m↑

中国語、次の一歩