VPNを中国で使う方法:2017年版 - 中国IT情報局

2017年も中国ではGmailやGoogleを含む多くのサイト・サービスが規制され接続ができません。日本にいた頃と同じように中国でGmailやGoogleを使うための手段であるVPN接続について解説

2015年1月末下記に移転しました。

https://jcvisa.info/

ブックマーク変更お願いします m(_ _)m

モスバーガ@上海

【日本クオリティ!そして、価格も…】


中国上海のレストランは非常に不便。
何が不便かと言うと、お一人様用のお店が極端に少ない。中華系チェーン店はあるけれど、どれもまずい&高い。大量購買+セントラルキッチンにもかかわらず、そこら辺の個人商店よりも高い。何故?

そんな貧しい外食事情の中で、ひときわ輝くのが外資系外食チェーン。
先日、浦東新区に行った時に偶然見つけたのでアップ。

場所は、恒生銀行大厦の中2Fにあって、隣にローソンがありました。この地区は全体的に(歴史が浅いこともあって)きれいなのですが、このビルと森ビルは特にきれいです。

06

お店の雰囲気も整ったユニフォームも日本のそれとほぼ一緒です。
お値段はセットで40RMB前後(約800円)と日本と同じかそれよりも若干高めです。

29

コーヒーを頼んだら絵が書いてありました。
雑多な中国で、雰囲気を味わいたいのならここがオススメです。

陸家嘴店
上海市浦東区陸家嘴環路1000号

海外のモス | 店舗案内 | モスバーガー公式サイト
http://mos.jp/shop/foreign/



ランキング参加しています。

VPNブログランキング VPNブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

↑投票お願い致しますm(_ _)m↑

習近平が象牙を大量密輸

【環境保護の対義語は、中国】


中国はAPEC(アジア太平洋経済協力)を今日11月7日から数日北京で開催しています。
経済力の成長を背景に国際社会への影響力を強めたいのでしょう。
そんな習近平と愉快な仲間たちこと中国共産党ですが、また素養のなさを暴露しています。

習首席の随行団が象牙を大量密輸か 環境団体
http://www.cnn.co.jp/world/35056252.html

中国の環境破壊は今に始まったことではありませんが、ここ数年特に顕著です。
”現在進行形”で小笠原諸島のさんごを破壊しているようですし…。

中国のサンゴ「密漁船」、小笠原に再び100隻超
http://www.asahi.com/articles/ASGC73DP3GC7UTIL009.html

環境保護をまじめにやるならば、中国から変わる必要があります。
一般人はこの環境悪化にうんざりしているものの、政府や議会に意見を反映させる方法が暴動しかないため、実質諦めるしかない状態。
中国共産党の独裁政治と強権的なやり方は、1,000ドル未満だった人民を5,000ドル近くに押し上げ、衣食住を保証したという点では合理的でした。しかし、ある程度の経済発展を遂げた今、次の発展のためにも民主化をある程度進める必要な段階に来ています。

が、中国の歴代政府はこういう態度を殺戮で迎えるので、無理でしょうね。
中国、ガンバレ!(棒読み)



ランキング参加しています。

VPNブログランキング VPNブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

↑投票お願い致しますm(_ _)m↑

VPN接続@中国

【中国で禁止されているフェイスブックをvpnで…?】


中国でLINEやフェイスブック、ツイッターが禁止されているのは世界中の知るところ。
そんな中、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が訪中。しかし、そんなフェイスブックに中国当局と官僚はこぞって否定発言。

中国ネット当局高官、フェイスブック中国参入の難しさを示唆
http://jp.wsj.com/news/articles/SB11875414796426453974304580247940992561922

その裏には香港のデモ運動があるとかないとか。
フェイスブック自体が政治運動を煽ることはないものの、「アラブの春」を後押ししたのもフェイスブック。中国大陸では、そんなネット活用にさらに目尻をあげてやっきになっている模様。

中国当局のネット締め付けが加速する2014年──香港デモきっかけにさらに強化
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/31/news102.html

フェイスブックに限らずLINEについても言及しています。

LINEを規制か 中国「法律守る必要がある」
http://www.sankei.com/world/news/141031/wor1410310041-n1.html

VPNなら中国で何でも使えるとは限りません。
特定のVPNについては、認証サーバやVPN自体をブロックしていることもあるため。だから、「VPN ランキング」や「中国 VPN ランキング」などで軽く検索したものが使えるという保証がない。

また、「VPN 比較」などで出てくる速度や反応なども参考にならない。というのも、中国当局次第で、ネットの状況が大きく変化するから。あと、この手の「VPN 比較」はアメリカや日本国内での話であって、中国現地で使ったらどうなるか?に言及したものが少ない。

無料VPNのほとんどはブロック済みです。有料のVPNでも超有名ドコロは利用ができない。
中国で快適なVPN利用を難しくしているのは、何が使えるのかが分からない、当局ごとに対応が異なるからでしょう。

快適なVPNライフが必要な方は、下記記事をご覧ください。


【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


seventwentyeightninety

何も考えていない人たち

【邪魔。本当に邪魔。】


中国は14億人の人口を抱える大国です。
小日本なんて目じゃない。どのくらい目じゃないかと言うと、こんな奴がいるくらいスゴイ。

じゃ~ん!

33

朝の通勤時間帯、一本しかない歩道を清掃員がカートを歩道の上に止めて一服。
当然、狭くなるので往来がしづらいこと極まりなし。

もうね、アホかと。馬鹿かと。

このゴミに限らず、トンデモ人間のオンパレードです。
  • 駅のホームで子供にゴミ箱に向けておしっこさせるバカ(駅にはトイレあり)
  • 改修工事で後先考えず、破壊したあとでうろたえるバカ
  • 地下鉄列車内で喫煙するバカ(規約上、禁止)
  • 渋滞で動けないのに無理に追い抜こうとするバカ(武装警察とかが多い)

などなど。


個人的に中国は好き。優秀な人もたくさんいる

でも、北朝鮮と並んで地球上のゴミの中国共産党がデタラメのオンパレードをする。そして、人口の0.1%くらいのバカがトンデモ行進曲をしてくれる。絶対人口が14億人で10倍なので、バカ発生率が日本と同じだったとしても、絶対数が多い。だから、街中にバカがあふれる。そして、これらのバカが底なしのバカだから、たちが悪い


そんな中国を本サイトは陰ながら応援しています!

中国で反スパイ法成立。あらゆる人と組織がスパイ扱いに!

【中国でフリーチベット!と言うと逮捕される?】


中国の憲法では、人民に思想の自由と、発表の自由があるようです。
中国人は学生の時に、このことを叩き込まれるとか。でも、その一方で治安維持の名の下に殺戮が繰り返されているのは(外国人の)周知の事実です。
そんなもともと権利のケの字もない国で、反スパイ法が成立しました。

中国の「反スパイ法」、日本や東南アジア念頭か 定義あいまい…恣意的運用も
http://www.sankei.com/world/news/141103/wor1411030011-n1.html

記事では日本が名指しになっています。

共産党関係者は「日本や東南アジアなどの周辺国との対立が増え、外国の情報機関が中国国内での活動を活発化させている」とした上で、「従来の国家安全法などでは対応しきれない部分が出ている」と話し、今回の法整備は日本や東南アジア諸国を念頭に置いていることを示唆した。
さすが反日の鏡、中国共産党!
でも、日本を撃退したのは、中国国民党だけれどね。

興味深いのは、あらゆる人と組織がスパイ扱いにできるという点。

中国国内の活動家が外国の政府や団体から資金援助を受けたり、知識人が外国のメディアに寄稿したりすることもスパイ行為と認定
フリーチベット!なんて叫んだだけで、労働教化刑なんて事がありうるのでしょう。
オソロシイ…。
ちなみに、各種メディアが騒ぎ出しています。

方便抓人! 中國通過反間諜法
http://news.ltn.com.tw/news/world/paper/826648

在中皆さんにおかれましては、VPNで中国政府の傍受を防いで、自分を護りましょう。
快適なVPNライフが必要な方は、下記記事をご覧ください。


【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


seventwentyeightninety

歩道も車道

【そこのけそこのけ車が通る】


中国にも道交法に類似した法規はあります。
しかし、この国は暴力団こと中国共産党が作った政府です。権力と金があれば法律は不要です。中国語には、「上有政策,下有對策」と言うくらいですので、誰も法規なんて守りません。

その一例が、以下の写真です。

48

歩道を歩いていると、前から機械音が。
はて…と思って見てみると…

20

ものすごい勢いで車が過ぎていきます。
写真の右側、茶色っぽいところはレンガ敷きになっていて、左側の車道と比べるとかなり高くなっています。この車は、前方の歩道用(バリアフリー)のところから上がってきて、歩道を爆走です。しかも、隣を歩いているおばさんもへっちゃらで、気に留めていないようです。

うん。法律とか法規という言葉とみんな無関係ですもんね。
こんな人たちとビジネスってできるのかな?と日々考えています…。

通勤風景@上海

【キャパシティのない交通機関】


日本の通勤風景は押し鮨に代表されるようにかなり過酷です。
しかし、人口が10倍以上の中国はそれに輪をかけて悲惨です。特に、地下鉄を補うために張り巡らされているバスは必要もないのに自家用車通勤する人に引きづられて遅延とコメディのような乗車率を誇ります。
そんな通勤風景の1枚がこちら!

54

写真では途切れてますが、一般のバスサイズにあと20~30人ほど乗り込もうとしています。
バスはバス停まで寄らずに、路上に止まったまま。乗客を呼びつけて乗せている始末。この路上の脇には、バイクや電動自転車用のレーンがあるため、乗客はこれらを避けながらバスに乗り込む必要があり命がけの通勤。

ふと、この状況が何かに似ていると思ったら…

ssfrogger

フロッガーと言うコナミが作ったゲーム状態。
このゲームでは、車を避け、川にいるワニから逃げて向こう岸に渡るだけ。中国人は、毎日この通勤地獄に年収の40倍以上払って70年の使用権付きマンションを買って中国に閉じ込められるのですから、生きること=ハードモード。

中国人はあまり残業しません。と、言うかほとんどしない。
すると、どうなるのか。夜も帰宅ラッシュが激しくなります。
他の路線と交差するとある駅では、ほとんどの人が乗れずにホームにあふれる事態に。

53

この写真、到着した電車に乗り込もうとしているように見えます。しかし、実際には乗れずホームに残された面々。

ぃゃぁ…大変だなぁ…。



ランキング参加しています。

VPNブログランキング VPNブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

↑投票お願い致しますm(_ _)m↑

中国共産党のキチガイぶりを垣間見るおもちゃ

【おもちゃにもプロパガンダ】


中国共産党のキチガイぶりは習近平が登場して以来、ようやく日本でも認知されつつあります。
そんな中国にピッタリのおもちゃを偶然見つけました。場所は、観光地で有名な豫園の近く。玩具問屋の一角です。
では、どうぞ!

20

子供向けのラジコンヘリの外箱に「保家衛國 寸土不讓」と書いてあります。
尖閣諸島(中国語名 釣魚島)を守ろう!的な記載です。
こんな政治スローガンを子供向けのおもちゃに書いちゃうメーカもメーカですが、そういうのを輩出する中国共産党と中国は、心の底からキチガイだなと思いました。

すごいぞ、中共!



ランキング参加しています。

VPNブログランキング VPNブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

↑投票お願い致しますm(_ _)m↑

働かない人たち3@中国

【セキュリティ検査…という名の邪魔な人】


中国人、と言っても人口が多いので多種多様な人がいます。
ただ、90%くらいの人に通じるのが、『働かない』です。
本日は、存在意義が全くわからない保安員のお話です。チベットやウイグルでの暴政に加えて、官憲の横暴で庶民の暮らしはあまり楽ではありません。いつ暴動やテロになってもおかしくないため、地下鉄や高速鉄道では持ち物検査が実施されています。自国民をよほど信用できないのでしょう。

そんな持ち物検査の保安員ですが、検査基準が人によってバラバラな上に、遊んでいるので何のためにそこにいるのかが全くわかりません。

09

どこの地下鉄駅でも、入り口になっている1名と、機械のモニタの前にいる人(見ていないと思う)がずっとおしゃべりをしています。
もともと、いくつかの入り口を双方向にして人を捌いていたのに、こういう検査をするがために入り口を各駅1~2箇所に絞ってしまったために、朝夕のラッシュ時にはかなり混み合います。ただ、安全向上に貢献しているわけでもないので、本当に邪魔です。

この保安員は、聞くところによると、このサービスで甘い汁を吸う外郭団体と人民の就職口を少しでも多くするためなのでは?とか。納得。

中国版ブルジュ・ドバイこと上海中心が完成間近

【そんなオフィス需要あるのかな?】


中国の浦東新區は、上海で後発開発地区で新しいオフィスビルが次々と完成しています。
そこに新しいもの好きの中国人とビジネスチャンスを狙って外資が集まっています。
そんな中でもひときわ目を引くのがこちらのビル。

44

中国版ブルジュ・ドバイこと上海中心。
高さ632メートル、階数は128で延床面積は地上部分380,000平方メートル、地下部分170,000平方メートルとのこと。でも、上海はここに限らずすさまじい勢いでオフィスビルが建造されています。
例えば、日本人が多い古北地区にもSOHO型オフィスとしてこんな巨大オフィスが。

37

同じ形のビルが隣に4~5棟ほど並んでいますので、かなりのオフィスが供給されることになります。
でも、それを補うだけの需要があるのか?と言われると疑問符。
第一、中国の法人は許認可制度であって、日本や欧米のような登記すればすぐに作れるものではありません。

そういえば、上海中心のデザインは、バベルの塔にソックリ。この塔の物語と言えば、「人類が塔をつくり神に挑戦しようとしたので、神は塔を崩した」という解釈が一般に流布してます。濡れ手に粟で外貨を握った中国共産党に神が天罰を下す日がいつ来るのか、楽しみです。
管理者おすすめ優良VPN
Hide My Ass! Pro VPN(HMA) は、毎年VPNランキングでランクインするシンプルな料金体系で50を超える国や地域のサーバが利用できる高速VPNです(オススメNo.1)

HideMyAss.com

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!

PureVPN は、毎年VPNランキングNo.1に選ばれている高い信頼性と高速回線が特徴のVPNです(オススメNo.2)

PureVPN

PureVPN の導入方法はこちらの記事です!
12vpn は、中国からでもブロックされていないVPNです。若干割高ですが、中国からVPNなしでサインアップが可能です(中国国内向け)
12vpn

12vpn の導入方法はこちらの記事です!
地域別アクセス元
ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑投票お願い致しますm(_ _)m↑

中国語、次の一歩