【ネット規制の程度】

本サイトの趣旨から若干脱線しますが、ネタとしてお読みください。

中国のネット検閲がどの程度徹底しているかご存知でしょうか?日常生活では、どこどこが見られないとか、どこどこから何かがダウンロードできないという程度です。しかし、日本人が思う以上にこのシステムは徹底しています。

たとえばですが、中国最大手のブログサイトである”新浪博客”やQQについてくる”QQ空間”などで日記を書こうとします。書いた日記に当局が不適切と認めた単語がふくまれていると、すぐに削除or公開そのものができません。
去年(2010年)ノーベル平和賞ネタをQQ上で書こうとしたときに、なにが検閲対象だったのかはわかりませんが、こんなメッセージがでてきました。

”您有部分日志因不符合互联网相关安全规范或被多名用户举报,现暂不支持他人查看, 建议您及时对审核未通过的日志进行清理,以便享受更好的QQ空间服务。”

簡単に翻訳すると”お前の書いた内容には安全規定に反するものがあるから、申請をしないと公開はできないうんぬん”。

この規制は、ブログなどに限らずQQなどのインスタントメッセンジャー、さらには普段KTVの小姐などとやりとりしているショートメッセージなども含まれています。つまり、おおやけになりうるすべての情報にたいして検閲システムが入り込んでいるわけです。

さらに、こういうことは外国人であればある程度知っているし、ネットでさらっと調べれば出てくるのですが、当の中国人自身が知りません。とある中国人は「そんなわけない。なんの利益があるんだ?」とまで言っていました。

おそるべし、洗脳と情報統制。