【中国の検閲システムとVPN】

中国の検閲システムには、前回VPNがもっとも有効だと書きました。では、VPNはどういうもので、なぜ中国の回避が可能なのかを説明します。

まず、中国の検閲システムは下図のような感じです。

中国検閲システム
※クリックで画像拡大できます

ちょうど国内(中国電信)と世界との間に、中国の検閲システム(電脳万里の長城)がはいりこんで、当局が判断。その後、不適切とみなされた場合、そのまま遮断されます。中国のイミグレで弾かれていると思っていただければ結構です。

【VPNのしくみ】

VPNは、もともとインターネット(公衆回線)を専用回線のように使うためのしくみです。通信の発信元と受け取り先の間を暗号化することで、安全性を保ちます。VPNは暗号化の手段の一つなので、破られる可能性はあります。
しかし、今のところリアルタイムでそれはできません(と言われています)。

VPNで回避
※クリックで画像拡大できます

上記の図の接続元(中国国内のPC)から接続先(海外のVPNサーバ)の間が暗号化されます。その結果、中国の検閲システムは内容を見ることができず、制約を回避することになります。