【中国のVPN規制強化へ】

深圳では大学生の国際運動会(ユニバシアード)が先日終了して、いよいよ国際化が本格化…と思ったら、時代に逆行するかのように中国当局の締め付けが強化です。

中国当局のネット規制さらに厳しく、淘宝網がVPN販売禁止
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0825&f=national_0825_070.shtml

レコチャイは、夕刊ゲンダイとかフジのレベルなので、信ぴょう性はいまいちですが、実際に淘寶網を検索してみると少しまえまであった中華系VPNのサービスが消えていました。
検閲システムが補足できるProxyサービスは健在

この通知自体は8月21日ごろでたようで、台湾のサイトでは本文が載っていました(ただし、繁体字)

有關部門通知 淘寶網禁止出售VPN產品
http://tw.aboluowang.com/news/2011/0821/%E7%BF%BB%E7%89%86%E5%8B%95%E6%85%8B%E6%9C%89%E9%97%9C%E9%83%A8%E9%96%80%E9%80%9A%E7%9F%A5%E6%B7%98%E5%AF%B6%E7%B6%B2%E7%A6%81%E6%AD%A2%E5%87%BA%E5%94%AEVPN%E7%94%A2%E5%93%81-131931.html

これにあわせて、アクセス自体(VPNサーバへの接続)もカット開始しているようです。中華系は政府の役人が読めるだけに(前述のサイバーポリス)、つぶされたということですね。でも、欧米系のVPNサービスはまったく影響を受けてないのは、当局の一般民衆は英語読めないだろうという認識なのでしょうか?(苦笑)

中国政府のこの手の規制に巻き込まれたくないかたは、ぜひVPNをどうぞ。