【不思議なアプリPuffin】

相互リンクさせてもらっているサイト様下記のようなエントリが。

アプリ:Puffin - Jekylle+

このソフト、紹介ページでこういうことをのたまっています。

特徴:
●高速レンダリング
●クラウドコンピューティングを通じてフルバージョンのウェブサイトを高速にレンダリング
技術的にはローカル側でFlashとかを動かすと重いので(CPUが貧祖なため)、クラウドサーバ側で処理した内容を、ローカル側に転送するソフトなのだと思います。例えば動画の場合は、劣化しない程度(または低解像度の携帯ではわからないレベル)にして、パラパラアニメにでもして転送している類だろうと。
Proxyとは異なりダイレクトに見に行っているのはクラウドサーバな上に、サーバとクライアント間を暗号化しているっぽいです。(そのため検閲に引っかからない)

実際にどういうIPになるのかみてみると、アメリカのカリフォルニアになっていました。

中国語からQQ、両替に仕事まで中国生活のニュース

タイトルに不思議なアプリと書きましたが、それは壁の通りぬけができるからではなく、どういうビジネスモデル7日がさっぱりわからないからです。
クラウドということは、くだらないサイズ含めて全てのパケットがクラウドサーバに行きます。現在3000件超える評価が来ていて、このソフト自体はFlashの動作を売りにしているので、パケットの総サイズは小さくないはずです。ネットワークの使用料というのは(特にアメリカは)安くありません。ところが、クラウドサービス自体の利用料は取っていません。じゃ、どうやってこれをまかなっているのでしょうか?

開発元のCloudMosa, Inc.には、当社は遅いモバイルデバイス向けのブラウジングを変化させるためにどうこうと書いています。てっきり何かクラウドサービスを供給していて、それの体験版かと思えば、そういう訳でもありません。試しに接続元になっていたIPからたどってもこの会社の名前が出てくるので、どこかの会社のステマというわけでもありません。

また、ブラウジングする際にも広告も、メールアドレスの登録も一切不要です。正直、どうやって運営費をまかなっているのか、???です。

可能性として考えられるのは、この会社がマーケティングか何かの会社と手を組んで、利用者(プラットフォーム、地域別+α)の内容をもとに、モバイルデバイス向けのコンサルタント情報源を供給している…くらいでしょうか?

便利ですが、ちょっと不気味かな…というのが正直な感想です。