【Google+と中国】

AFP通信の報道ではGoogle+への接続が一時的に可能となり、中国ユーザのコメントが大量に押し寄せたとのこと。

米大統領の「グーグルプラス」に中国ネットユーザーが突然大集合!

本件に限らずですが、突然FC2サイトが開けたり、Facebookが開けたりと中国の検閲システムは非常に不安定です。挙動から考えると、大量のアクセスについてはルータサーバで制御して、個別のアクセスについては検閲サーバで管理しているのではないかと思われます。
例えばですが一定のサイトへアクセスができない時にF5攻撃してみると、反応がとても早いです。恐らく詳細な判定をしている検閲サーバの手前となるサーバ(ルータ)で振り分けをしているからでしょう。また、文章などを投稿した場合におきるタイムラグは、後者の検閲サーバが判定を掛けているためだと考えられます。

【Googleサービスと中国】

現状Googleが提供しているサービスのうち、中国国内で使えるのは下記のような状況です。

  • Google Web検索 : 利用可能(数回に1度リセットかかる)
  • Google 画像 : 利用可能(画像取得の可否は相手先サーバの検閲対象による)
  • Google 動画 : 利用可能(数回に1度リセットかかる)
  • Google 翻訳 : 利用可能(数回に1度リセットかかる)
  • Google メール(Gmail) : 利用可能(数回に1度リセットかかる)
  • Google ニュース : 利用不可?(香港サイトを見ているからか?)
  • Google Youtube : 利用不可
  • Google+ : 利用不可
中国国内のAndroid携帯ですが、実はGmailやAndroid Market、Youtube、Facebookなどデフォルトで入っているサービスが全て削除されています。その代わり中国政府が検閲可能なサービスに変わっています。
例えばGmailであればQQ郵箱、Youtubeであれば土豆、Facebookであれば人人網など。一般の中国人は、単語レベルの英語もわからないので、英語のサイトなぞ必要ない!と言えるかもしれませんが、外人であれば不便極まりないです。基本、中国国内で買ってしまった場合は、ROMを入れ替えるしかありません。

無用なイライラや海外とのスムーズなやり取りのためにも、VPNオススメです。
Hide My Ass! Pro VPN(HMA)PureVPNをオススメします。