【ネット言論統制強化へ】

中国共産党が国内の体制引き締めを図っているようです。

「ネット言論弾圧」強化=1000人以上拘束-党大会控え危機感・中国
【北京時事】中国・北京市公安局は1日までに、デマや有害情報を徹底的に取り締まるキャンペーンを展開し、約1カ月半の期間に容疑者1065人を拘束したと発表した。ネット上の反体制情報の氾濫を警戒する当局は、民主化や人権擁護を促す情報を発信するミニブログ「微博」(中国版ツイッター)の閉鎖も本格化させており、「ネット言論弾圧」に批判が強まっている。 「春風行動」と銘打ったキャンペーンの主目的は、麻薬、賭博、詐欺商法、ポルノ、銃器・弾薬密売、臓器売買などネット上の違法情報の摘発にある。摘発した違法情報は約20万8000件に上り、約3100のサイトに行政処罰を下したという。 共産党・政府は、一党独裁体制を揺るがしかねない反体制情報の摘発も強化。軟禁されている人権活動家をネットを通じて支援している女性は「微博アカウントが突然使えなくなった」と明かした。微博を閉鎖される知識人や弁護士らも相次いでいる。 3億人以上が利用する微博での発言は世論形成に大きな影響を与えている。当局は実名登録制を導入し、管理を強化しているが、最近も「北京でクーデター発生」などのうわさが流布され、「社会秩序を混乱させた」(北京市公安局)としてデマを流した6人が拘束された。 胡錦濤指導部もこうしたデマが、薄熙来前重慶市党委書記の解任を受けた党内の緊張をさらに激化させると神経をとがらせる。政府の管理下にある微博運営サイトも書き込みの一時制限措置に踏み切ったが、秋の党大会に向けて社会安定を最優先する中で微博規制が一層強まるのは確実だ。
本サイトで何度も取り上げてますが、これらの取り締まりは静的に書きこまれたデータのみならず、リアルタイムでやり取りしている内容についても監視の上、取り締まりを行なっています。中国では通信の秘密が守られないため、データ保護されたやり取り(SSLやVPNなど)以外は基本見られています。
特にメールなどの通信は認証そのものもプレーンテキストで行われているケースがあるので、悪用されているかもしれません。

中国でPCやAndroid/iPhone端末を利用する場合はVPNを張ることをお勧めします。
Hide My Ass! Pro VPNまたはPureVPNをオススメします。