【独裁政治の中国と民主主義を標榜する韓国は同レベル?】

香港で起きた民主化運動の総逮捕劇を中国国内メディアは黙殺かと思われたら、本日になって報道し始めました。ただし、報道内容はだいぶ異なります。

[国内] 香港511名被拘捕者全部获释 3人藏武器

この記事では、民主化運動や選挙制度問題については一切触れていません。
香港特別行政区政府は市民の自由と権利を最大限尊重するとした上で、社会秩序を乱す者については厳然たる態度で臨むとのこと。同記事では、511名の逮捕者の中に、ドライバーやナイフを所持していたものが3名いたと強調。まるで暴徒を鎮圧したと言うような内容です。ドライバーって凶器なのですかね…?

さて、そんな自由主義や民主主義と対極にいる中国共産党とメディア上で抗日戦線を韓国の朴槿恵(パク・クネ)が呼びかけているようです。

韓国の朴大統領、中国テレビで日本批判 “歴史共闘"を呼びかけ

抗日功績がなくなると政府が採っている独裁制の裏付けがしづらくなる中国共産党と、表面上自由主義や民主主義を標榜する韓国がレベル的に同等ということのようです。この朴槿恵と同時期に訪中している団体(保守派団体)は中国に対して尖閣諸島(中国語名魚釣島)は、中国の領土と宣言しているようで上も下もレベルが一緒です。

民众集会欢迎习近平访韩 称“钓鱼岛是中国的”

中国共産党も朝鮮も関わると害をもたらすが、関わらなくても近づいていくるので厄介ですね。