【外資は意外とたくましい】

中国に投資をしていた米系銀行が中国銀行への投資を引き上げたニュースがありましたが、その中国系銀行がアメリカ市場での資金調達にプレミアムが付いているようです。

信用度欠く資金調達に懸念 中国不良債権拡大で米市場
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140823/mcb1408230500004-n1.htm

中国四大銀行もそうですが、中国の銀行は裏で何をやっているかわからないので、そういう不透明さが市場から嫌われているのでしょう。
距離を起き始めている外資ですが、中国市場では意外とたくましい模様です。先日、異業種の方とお話をする機会があったので聞いてみると、中国の企業名を被った外資製品がかなり多いとのこと。調味料など材料系もそうですが、完成品でもロゴだけ中国企業名をつけているケースが多いそうです。

製品開発は持続的な研究などが必要になるので、商人的な中国人には向かないからそうなるのでしょうね。英語しか喋れないアジア人をバナナに例える言い方がありますが、中国の皮を被った外資というのでしょうか。