【ガ~ラガラ~…】

低成長時代を迎えた中国。とは言え、年率換算で7%強と小日本なんか片手で握りつぶしてやる!くらいの勢いです。そんな中国の習近平は、7月にLINE(ライン)やカカオトーク(解除済)をブロックして訪韓してみたり、同月末からは言論統制強化期間を設定し国内の抵抗勢力を一掃するなど精力的です。

中国IT情報局 -中国インターネット規制&検閲に打ち勝つ!
中国でLINE(ライン)やDropbox(ドロップボックス)が接続できないワケ

さて、そんな中国ですが統計上と実体経済がたまに一致しないのでは?と思うことが多々あります。今日はそんな一コマです。

場所は、上海の中心地こと南京東路。地方からやってくる土民オノボリさんが団体を組んでやってくる場所の一箇所です。その中でも2000年頭に作られたとある百貨店は売り場面積も広く、近代的できれいな店舗。1階には、他のデパート同様ブランド店が並ぶのですが、少し上に上がると…?

51

全部店舗部分が閉鎖されています。改修中!とブラックが過ぎて大量にスタッフに逃げられたパワーアップ中のすき家かよ!と思うほど改修中だらけで、お店がありません。見るとわかりますが、この百貨店それなりに大きいんです(新宿高島屋より若干小さいくらいの7階建て)。
故意にこの部分だけ撮っただろう?と思うかもしれないので、反対側もお見せすると…

03

ご覧のとおりやはり店舗がありません。左の端に少し飛び出たエリアがあってカフェテリアでも作れそうな部分があるのですが、全部空っぽです。
一部、改修中!と言うのもありました。

45

改修中の壁に隙間があったので、私が脇から見たのですが、さっと見た感じでは中は空っぽです。
このフロア、よくよくフロアガイドを見るとすごいです。

52

15エリア中3店舗しかありません!
※全部埋まっているのは1階のみで、他は数店舗しかない。6階は1店舗しかない。

まるでピエリ守山か!(滋賀県最大級の大型モール・ピエリ守山の過疎化がヤバすぎる - NAVER まとめ)と思うかもしれませんが、この百貨店があるのは、上海の超中心地なんです。

南京東路[ナンジンドンルー] | 観光-上海ナビ
http://www.shanghainavi.com/miru/12/

見出しにあるように「老舗、国営店、最新ショッピングモールが混在! 歴史ある一大繁華街を散策しよう。」日本で言うならば表参道か渋谷のようなもんです。おまけにこの百貨店は、この一大繁華街から外灘につながるところにあって、対面にはアップルストアがあるくらいなのに、この寂れよう。

数字上はともかく、実体経済はこんな感じの中国からでした。