【国家権力に真っ向から提訴】


Google含めて海外サイトへの規制強化をしている習近平と中国共産党ですが、この度人民から訴えられています。正確には、接続サービスを提供しているチャイナユニコム(英語:Chinaunicom 中国語:中國聯通)ですが、その訴えている内容がすごいです。

---
グーグルへの接続求め裁判 中国深せん、接続業者を提訴
2014.9.6 00:26 [中国]

 中国広東省深●(=土へんに川)市の男性が、米検索大手グーグルのウェブサイトに接続できないとして、プロバイダー(接続業者)の中国の通信大手、中国聯通(チャイナユニコム)を訴えた訴訟が同市の裁判所で4日に開かれた。香港メディアが5日伝えた。

 中国当局によるインターネット検閲をめぐる問題が裁判になるのは珍しい。男性は、中国が民主化運動を武力弾圧した天安門事件から25年となった今年6月を前に、5月ごろからグーグルのサイトやメールが利用できなくなったと主張。

 男性は、政府が検閲していると誰でも知っていると指摘した上で「聯通は支払いに見合うサービスを提供する義務がある。聯通が『政府の行為だ』と主張するのなら証拠を見せるべきだ」と訴えた。
---

この訴えは中華系サイトでも取り上げられています。

無法上谷歌 陸民狀告中國聯通
https://tw.news.yahoo.com/%E7%84%A1%E6%B3%95%E4%B8%8A%E8%B0%B7%E6%AD%8C-%E9%99%B8%E6%B0%91%E7%8B%80%E5%91%8A%E4%B8%AD%E5%9C%8B%E8%81%AF%E9%80%9A-111318731.html

深圳網絡維權者汪龍稱互聯網自由需爭取
http://www.bbc.co.uk/zhongwen/trad/china/2014/09/140905_china_internet_lawsuit.shtml

封鎖Google第一案 原告:法院涉偽證
http://ap.ntdtv.com/news/20140906/video/131856.html

この方と同姓同名で、同じ深センにいる人が勾留されたという記事があります。

甘肅籍深圳公民、獨立記者汪龍,因前往深圳福田被拘留
http://www.bannedbook.org/bnews/zh-tw/weiquan/20140702/271803.html

”最近幾年活躍在網路上,自稱是獨立記者,主要報道載體在網路(包括群、微博、微信)並參與了近幾年的幾乎所有公民活動,這次被捕前,曾經發出信息。”

自称記者(中国では官憲以外は自称になるでしょうが…)で、各種中国媒体上で公民権運動されている方の模様。頑張って欲しいです。
でも、拉致と殺害にも気をつけていただきたいですね。