【捏造記事の総合商社こと朝日新聞】


中国では、中国共産党が認可した報道しか公に報道されません(建前上は。)
内容の正確さよりも、政治的な意味合いが大きいか小さいかで評価されるため、中立性のかけらもないところがポイントです。そんな中国共産党に迎合主義的に記事の捏造をしてきたのが朝日新聞です。

朝日新聞の捏造記事問題では、少し前にもサンゴ礁破壊問題があったりしましたが、今回は日本国民全体を巻き込んで報道しているので、非常に悪質です。

慰安婦捏造は朝日新聞大阪本社の構造問題
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51911330.html

そんな捏造新聞社 朝日新聞ですが、福島原発の所長だった吉田氏の記事も捏造していたようです。

朝日「吉田調書」記事取り消し…慰安婦問題謝罪
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140911-OYT1T50140.html

朝日新聞は数週間前にも池上彰氏のコラムを拒否して相当叩かれていましたが、全く懲りていないようです。

池上コラム拒否、木村社長「編集担当の判断に委ね」「言論封殺という思わぬ批判を」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140911/crm14091121240033-n1.htm

これらの謝罪としているものの、すべて「担当者」の責任だと言っており、会社として謝罪はしておりません。中国共産党が汚職の蔓延が自身の構造にあるにもかかわらず、個人に押し付けて殺戮する構図と同一です。
そんな中国共産党は朝日新聞を全面支援しているようで、慰安婦記事捏造問題で援護射撃をしています。

中国共産党機関紙 朝日の慰安婦報道一部訂正を批判
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140812/chn14081222490005-n1.htm

インターネットが媒体手段として普及が進めば進むほど、こういう旧態依然としたメディアは埋没し消えていくわけで、突撃隊長もこの件について言及されています。

市場の縮小に比べて新聞社が多すぎる問題
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2014/09/post-8eeb.html

何がどうであれ、「朝日新聞はとりあえず潰れて欲しい」と念じる今日このごろです。