【キャパシティのない交通機関】


日本の通勤風景は押し鮨に代表されるようにかなり過酷です。
しかし、人口が10倍以上の中国はそれに輪をかけて悲惨です。特に、地下鉄を補うために張り巡らされているバスは必要もないのに自家用車通勤する人に引きづられて遅延とコメディのような乗車率を誇ります。
そんな通勤風景の1枚がこちら!

54

写真では途切れてますが、一般のバスサイズにあと20~30人ほど乗り込もうとしています。
バスはバス停まで寄らずに、路上に止まったまま。乗客を呼びつけて乗せている始末。この路上の脇には、バイクや電動自転車用のレーンがあるため、乗客はこれらを避けながらバスに乗り込む必要があり命がけの通勤。

ふと、この状況が何かに似ていると思ったら…

ssfrogger

フロッガーと言うコナミが作ったゲーム状態。
このゲームでは、車を避け、川にいるワニから逃げて向こう岸に渡るだけ。中国人は、毎日この通勤地獄に年収の40倍以上払って70年の使用権付きマンションを買って中国に閉じ込められるのですから、生きること=ハードモード。

中国人はあまり残業しません。と、言うかほとんどしない。
すると、どうなるのか。夜も帰宅ラッシュが激しくなります。
他の路線と交差するとある駅では、ほとんどの人が乗れずにホームにあふれる事態に。

53

この写真、到着した電車に乗り込もうとしているように見えます。しかし、実際には乗れずホームに残された面々。

ぃゃぁ…大変だなぁ…。



ランキング参加しています。

VPNブログランキング VPNブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

↑投票お願い致しますm(_ _)m↑