【日本ではトラック。中国では電動自転車】


上海では、日本でもあまり見かけないマーケティング手法を見かけることがあります。の続きです。

日本は広告に対する規制が厳しいため、固定の広告設置には多額の費用がかかります。中国ではそういう規制がないので(法律上ある)、やりたい放題です。そのため、派手な広告が増えすぎてみんなスルーしてしまい、広告の機能を果たすことが出来ません。
そんな中で登場したのが移動する広告塔。日本では、都内の道路をこんなトラックが走るのを見たことがあるんではないでしょうか?

5f0015d6

この手のトラックは無用なトラフィックを増やして、CO2まき散らす上に、運転手の注意を引いて交通事故起こすからさっさと取り締まって欲しいのですが、中国ではそれを2枚くらい上を行く広告塔がいます。

56

電動自転車の後ろに広告を貼り付けて集団疾走。
日本のトラック以上に邪魔な上に、子供を乗せたおばちゃんとかが走るんです。この道路、建設工事のミキサー車やダンプが通って危険なのに…。

でも、事故に遭って死んでも、中国は14億いるから代わりはいくらでもあるもんな。
変な設備使うより安上がりなんでしょうな。

スゴイぞ、中国。
ガンバレ、中国!(棒読み)



ランキング参加しています。

VPNブログランキング VPNブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

↑投票お願い致しますm(_ _)m↑