【危険とリスクとスリルだらけの中国ライフ】


中国で生活する上で気をつけることを勝手にトップ10。
在中邦人ならば当たり前の事だと思いますが…。

1.観光地やホテル界隈で、日本語で話しかけてくる中国人を相手にしない
【場所】南京東路,陝西南路,ホテルオークラ(花園酒店),外灘
→ 手段はマチマチですが、女性が絡むのが多し。

外務省 海外安全情報
繁華街の路上で、「日本語を勉強しているので教えてくれないか。」などと若い女性に片言の日本語で声をかけられ、一緒に入店した飲食店で高額な料金を請求される例もあります。最近多いのは、連れて行かれる先がいかにも怪しげな「バー」だけではなく、白昼から営業している「茶館」というケースもあります。怪しい誘いは、はっきりと断りましょう。

2.白タクに乗らない

→ 空港や駅などで白タク(中国語:黑車)の客引きがありますが、興味本位で乗るべきではない。百度地図などで、しっかり目的地と経路を確認する。方向が外れているようであれば、要注意。

外務省 海外安全情報
・ 「白タク(不法営業タクシー)」には乗らないようにしましょう。また、スーツケース等をトランクから出さないうちに走り出すケースもあるため、荷物をすべて取り出してから料金を支払うようにし、領収書は必ず受け取りましょう。

・目的とは違う場所に連れて行かれ、高額の料金を要求された等のケースもあるので、可能な限りタクシーは1人では乗らないようにしましょう。

3.信号機を信用しない

信号機が青だから…で渡るのは自殺行為。青信号の意味は、それなりに安全だと思う…の意味合い。また、一方通行でも逆走する車や、歩道であっても車が走行するので、安全な場所はないと考えて行動するべき。

外務省 海外安全情報
中国では、右側通行や赤信号時の右折可など、日本と交通規則が異なる上、車の信号無視、歩行者や自転車の無理な横断、整備不良車両の運行、高架道路での速度超過や無理な追い越し、突然の停車など、交通マナー上の問題が見られ、いつ交通事故に巻き込まれてもおかしくない状況と言えます。歩行中や横断中は左右後方から近づいてくる車両に十分注意するなど、自己防衛に努める必要があります

4.外で水やお茶を極力飲まない

レストランであっても、提供している水(正確にはお湯)やお茶の水がどの程度の鮮度だったのかは知る由もない。なるべく、ペットボトルの水やお茶を持参し、これを飲む。
特に、氷入りは要注意。

5.カバンや手荷物は常に見える範囲に置く
カバンを席においたままトイレに行くなどは論外だが、席に座っている時であっても、常に手が届くところに手荷物は置くこと。間違っても、1人で席に座って、対面の席に荷物を置かない。
隣に置く場合でも、肘や手が常にくっつけた状態が望ましい。

外務省 海外安全情報
空港では、旅券の出し入れが頻繁に行われることから、エレベーター内やタクシー乗り場で並んでいる際等に旅券が盗難の対象になる場合も多いので注意をしましょう。また、両替や記念撮影をする場合も、置き引きに注意し、荷物は目の届くところに置き、貴重品は体から離さないようにしましょう。

6.道路を歩く場合は、車両側に手提げかばんなどを持たない

二輪車=ひったくりと認識した方がいい。どんなに賑やかな繁華街であっても、ひったくりはやって来る。特に手提げカバンは狙われやすいので、車両が通る側とは反対の手で持つこと。
リュックサックなどは、絶対に後ろに背負わない。カッターなどで後ろから切りつけられて、中身を盗られるため。

正しいリュックの背負い方

o0480072011961996512

7.モノやお金、契約をした場合は、書類を残すこと
口約束は守られないと思うべき。修理などでモノを渡す場合は、引換証などをその場で発行してもらう。お金を払った場合は、支払い済みの証明証を出してもらう。その場合、連絡先や住所などもすべて併記すること。
契約をする場合は、全文しっかり読むこと。読めない場合は、”信頼できる”中国人に読んでもらうこと。あとで、読んでいなかった!とか中国語がわからなかった!と言っても通じない。

8.人混みには近づかない

特に政治的な記念日の場合、危険度が高い。
中国は上流の人と下流の人の差が日本では想像もつかないほど大きい。教養など頭のなかもあるが、素養の問題が一番大きい。特に政治イベントが絡む日は近づかないこと。

反日イベントもりだくさんの中国カレンダー
5月4日(1919年) 5・4運動(反帝国主義、反封建主義運動)
5月9日(1915年) 対華二十一カ条要求を最後通牒で受諾した日
6月5日(1941年) 重慶爆撃
7月7日(1937年) 廬溝橋事件
8月12日(1978年) 日中平和友好条約締結
8月13日(1937年) 第二次上海事変
8月15日(1945年) 終戦記念日
9月2日(1945年) 降伏文書に調印
9月3日(1945年) 抗日戦争勝利日
9月18日(1931年) 満州事変(柳条湖事件)
9月29日(1972年) 日中共同声明発出
12月8日(1941年) 太平洋戦争開始(真珠湾攻撃)
12月9日(1935年) 十二・九運動(五・四運動に次ぐ規模の抗日学生デモ)
12月13日(1937年) 南京入城(中国では南京大虐殺記念日とされている)

9.インターネットにダイレクトに接続しない/中国製ソフトを使わない

中国製ソフトは個人情報を隙あらば、盗もうとするので必要がなければインストールをしない。利用する場合でも、VMWareなど仮想環境上に構築すること。

百度のIME、中国製の日本語入力ソフトが入力情報を無断送信 パスワードなども
http://www.huffingtonpost.jp/2013/12/25/baidu-ime_n_4502142.html

また、中国共産党は、セッションレベルで全国民を監視している。
契約時に全インターネット端末にIDが振られており、数千万人いるサイバーポリス(と、言うなの特警)が監視を随時やっている。そこに個人情報や重要な情報を流すのは自殺行為。メールの送受信やサイトの閲覧、Skypeなど海外製ソフトを利用する場合でも、VPNで中国国内をトンネリングするのがとても重要。

China-Net2

中国でVPNオススメ】
1位 → Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事
2位 → PureVPN の導入方法はこちらの記事
3位 → (中国にいる場合は)12vpn導入記事


10.信頼できるのは自分だと自覚すること
そして、これが一番重要。
中国には法治の概念やマナーなどがない。893が作った国なので、ルールがない。
その中で生き抜くにの必要なのは、自分を鍛えて、信用し、自分を頼ること。
中国でよく見られる文章に「能拯救你的人,只能是你自己」(自分を助けられるのは自分だけ)がある。常にアンテナを張って自分自身を護ること。それが中国生活において最も気をつけなくては行けないこと。

と、言うことで、2015年もよろしくお願い申し上げます m(_ _)m



ランキング参加しています。

VPNブログランキング VPNブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

↑投票お願い致しますm(_ _)m↑