中国でVPNを使う方法:2017年版 - 中国IT情報局

2017年も中国ではGmailやGoogleを含む多くのサイト・サービスが規制され接続ができません。日本にいた頃と同じように中国でGmailやGoogleを使うための手段であるVPN接続について解説

2015年1月末下記に移転しました。

https://jcvisa.info/

ブックマーク変更お願いします m(_ _)m

中国ネット規制

中国とエロサイト


この記事は古い記事です。2016年の新しい記事はこちら
 → 中国(金盾) VS 25エロサイト 2016年版


【中国でエロサイトは見られるのか?】

中国ではポルノなどが一切禁止されています。例えば、中国のすべてのブログサイトでエロ記事を書いたりすると、アップロードが不可能か、数時間以内に削除されてしまいます。同じ理由から、そういうのを指南するようなサイトもあっという間に閉鎖させられてしまいます。

でも、エロ系と漢は切っても切れない関係です。どうしても見たい時とかどうすればいいんだ?とかになるわけです。国内がダメなら…じゃ、海外のサイトはどうなんだろう?ということでチェックしてみました。

【エロサイトの実験してみよう!】

今回は下記条件で実験してみました。
回線:中国電信(30Mbps光回線)
時間帯:12:00~13:00

無料系コンテンツ 有料系コンテンツ 【テスト結果…】

まず、取締側の中国人が読めない日本語についてはほぼノーチェック。
#中国人の多くがクレジットカード持ってないので、買えないのを見越してでしょうか?

逆に読める英語、特にフリーで見られる大手サイトはほぼ壊滅ということになりました。Foot Fetish Tubeのような厳密にはアダルトじゃないフェチ系や、Rude.comのようなライブチャットについては無視しているんでしょうか…?いまいちわかりません。

試しにAlexaで上位サイトが塞がれているのかと思ったのですが、xHamster'sなどはXVIDEOS.COMと同じくらいのランキングなのにお咎め無しです。むむむ…。

Alexa

日系サイトのいくつかはVPN経由だと見られるのですが、そのままだと見られません。どうも中国など東南アジアからのドメインを弾いているようです。XVIDEOS.COMなどの大手無料サイトやこういうサイトを見たい方はVPNを使えってことでしょうか。

快適なVPNライフが必要な方は、下記記事をご覧ください。

【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


【2016年1月30日現在】中国で動作するPureVPNの導入方法

申込画面が一部変更されたので、それに対応した紹介はこちら。
3ステップで完了!中国で使えるPureVPNの導入(2015年版)

【3ステップで完了!PureVPNの導入】


本サイトでご紹介しているPureVPN
英語が苦手な方でも、かんたん、3ステップで使えます。

PureVPN

※もう中国にいるからPureVPNが開けない!という方は12vpnをまず導入してください。
12vpn(予備)→PureVPN(メイン)とする方法です。導入方法はこちらの記事です!

【特徴】


1.サーバ設置が87カ国と広範囲
>> 中国政府にあるサーバや地域がブロックされても、他のところから自由にインターネット
2.同時ログインが5デバイス
>> 一般にVPNサービスは2デバイスが多いのですが、ここは5デバイスまでok
3.24時間/365日サポートサービス
>> 問題発生時にライブチャット/メールでサポートを受けられます

【3ステップで終わる申し込みから利用まで】


ステップ1:サービス申し込み

1-1.オフィシャルサイトを開く
PureVPN(プラン一覧)のオフィシャルサイトへ行きます。

1-2.サービスを選択
どれを選んでも構いません。
ただ、自宅または会社でYoutubeやニコニコ動画のような動画サイトや、SkypeやLineなどのビデオ&音声チャットを多用するのであれば、転送上限のない”UNLIMITED PLAN(無制限プラン)”をオススメします。

中国語からQQ、両替に仕事まで中国生活のニュース

1-3.利用期間を選択
こちらも同上で、好きな期間を選択します。
同じ1年間でも、3ヶ月プランを4回選択すると、1年プランを選択した場合と比較して、ただし、期間を細切れで利用すると13%ほど(約2,000円)割高になるので、一括をオススメします。

purevpn0

1-4.契約者情報を入力
メールアドレスと電話番号さえ間違えなければ、特に問題ありません。
支払方法を選択して(1)、利用承諾を読んだにチェック(2)して、次へ(3)を選択します。

purevpn2

1-5.支払情報の入力と選択
ほとんどの方はクレジットカードでしょうから、クレジットカードの情報を入力します。
支払者情報などの入力もありますが、契約者と同じで問題ありません。
また、クレジットカードの利用が怖い方はPayPalなどを挟む方法もオススメです。
入力後、”Checkout”をクリックして次へ。

purevpn4

1-6.最終確認
これでいいか?みたいなことを聞かれるので”Click Here To Finalize Your Order(注文を確定する)”をクリックして確定。

purevpn5

ステップ2:セットアップ


1-6まで終わると、5分以内にアカウント発行のお知らせメールが来ます。IDとパスワードが書いてありますので、お知らせメールは間違ってもゴミ箱に入れないように気をつけましょう。

2-1.クライアントのダウンロードページへ
PureVPNでは簡単に操作できるようにクライアントが用意されています。オフィシャルサイトの”Download”をクリック。

2-2.OSに合わせてダウンロード
どのOSで使うのか聞かれるので、目的にあったものを選びます。私のパソコンはWindowsなので、Windowsをクリック。

purevpn6


ダウンロードのダイアログが開くはずなので、保存先を選択してダウンロードを待ちます。

purevpn7

purevpn8

2-3.セットアップ-1
ダウンロードしたセットアッププログラムをダブルクリックして、セットアップ開始します。
purevpn9

purevpna

2-4.セットアップ-2
セットアップファイル本体をダウンロードするサーバ選択が出てきます。もしも、中国にいるのであれば、"China(中国向け)"を選びます。”次へ(Next)”を押すとダウンロード&インストールが始まります。

purevpn-download


2-4.セットアップ-3
利用許諾書うんぬん出てくるので、同意(I accept the agreement)にチェックして、次へ。

purevpnb

あとは、そのまま”次へ(Next)”を連打します。

purevpnc

purevpnd

1分くらいでセットアップ完了です。

ステップ3:使ってみる

3-1.起動
セットアップ後、PureVPNの画面が出てきて、ログインか、登録か?と聞かれるので、ログインを選択します。

purevpne

3-2.接続先の選択
接続方法(普通はそのままでok)と接続先(近場またはアメリカ)を選択します。
ログイン時のIDとパスワードは、登録後のメールに書いてあるものです。

purevpnf

3-3.接続の開始
記載情報が正しければ、”Connect(接続)”を選択すると、接続が始まりPureVPNのサーバに接続されます。

purevpng

3-4.念のため…
接続がうまく行っているか確認するために、Facebookでも開いてみましょう。開けましたか?

開けない場合は、下記を試してみてください。
  • 使っているブラウザのキャッシュを削除
  • 使っているブラウザを再起動
  • DNSキャッシュのクリア やり方はこちら
設定等でわからない場合は、コメント欄にお書き下さい。

【設定した方がいい箇所は?】


実際に利用していてオススメの設定は下記の通りです。
  • Protocol(プロトコル)をAutomatic(自動)
  • Purpose or Country(目的と国)をJapan Fastest Server(日本最速サーバ)

【2015-01-02 更新】


最新バージョンは、3.2.1.0です。画面構成などは、紹介時とほぼ変わりません。

中国当局ネット取り締まり大幅強化へ

【言論統制と弾圧のオンパレード】


中国には人権という2文字が存在しません。
法律上ありますが、実際にはないに等しいので、中国内外から強烈に叩かれているのは周知の事実です。Wikipedia上には、「中国の人権問題(Human rights in China)」と題して膨大な項目が割かれています。

中国の人権問題(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C

やり玉に挙がるものとして、カトリック教会やチベットへの介入など「信仰の自由」、政治犯や思想犯を即決処刑する「裁判を受ける権利」、すべてのメディアは当局の統制下に置かれている「報道の自由」などあります。
最近、顕著なのが「言論の自由・表現の自由」に対する弾圧です。
習近平が台頭した2012年頃から始まったネット浄化作戦では、大量のサイトやブログが閉鎖に追い込まれました。もともと中国では、ポルノや薬物は違法なので組織だったものについてはほぼ壊滅が終わっています。ここに来て、個人レベルまたは小規模レベルについても取り締まりを強化しており、その手段として利用されてきたQQやWechat(中国語名 微信)を運営してきた会社が罰金対象となりました。

中国、ポルノ取締りでテンセントとバイドゥ含む11社に罰金=新華社
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0TM46S20141202

QQの携帯版には、現在位置から一定範囲のユーザを検索する機能があり、ここで客を誘うアカウントが多数ありました。

19

ところがここ最近になって、この手の勧誘アカウントが激減しています。
また、サウナ屋やカラオケなどの夜系のグループが強制解散されるなど、徹底ぶりがスゴイです。ここまでやるなんて、当局も本気だな!とか思うのですが、密かに裏では別のものも進行しています。

ラジオやテレビでネット用語・造語の使用を禁止、違反には厳しい処分で対応―中国
http://www.recordchina.co.jp/a98269.html

表向きは、「何を言っているのかわからない」といった視聴者、聴視者からの苦情に、広電総局が応じたものだ。 」となっていますが、それは大嘘。いわゆる隠語などの撲滅に向けた運動の一環です。引き金になっているのは、下記の一件だと思われる。

「江沢民似のカエル」ネットから消えた… 何でも模倣の中国、表現の自由は許されず
http://www.sankei.com/world/news/140725/wor1407250051-n1.html

中国共産党の最終目標は、すべての国内にいる国民と外国人の挙動を監視し、発言をチェックし、独裁体制へのリスクを摘み取ろうというもの。その集大成が先日行われたインターネット大会でしょう。

中国で世界インターネット大会、国際人権団体「ぞっとする」
http://www.afpbb.com/articles/-/3032164

結局、この会議はまとまらずに終わったようですが、中国共産党とズブズブの孫正義も参加したとか。
キチガイに刃物の言い回しがありますが、中国にはそれがピッタリな今日このごろです。



【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


seventwentyeightninety


ロジテックルータからパスワード流出

【ルーティング情報が駄々漏れ…?】


中国人が多数逮捕された不正アクセス事件。
記事によるとロジテック製ルータからIDとパスワードが抜かれた模様。

無線ルーターからID流出…中国向けサーバー
http://www.yomiuri.co.jp/it/20141120-OYT1T50012.html

ルーティング情報が駄々漏れだったのかな…と思ったら、単なるセキュリティーホールだった模様。

ロジテック、同社無線LANルータの利用者へ注意喚起 - ネット接続を乗っ取られる被害が発生
http://www.security-next.com/042488

問題の脆弱性は、1年以上前となる2012年5月16日に公表済み。脆弱性を解消したファームウェアも公開されているが、アップデートを実施せずにそのまま利用して接続用のアカウント情報が奪われ、不正アクセスに用いられるケースが発生している。

すると、パスワード乗っ取られた(1年以上もアップデートをしない)おとぼけな人が1,500名もいたということですね。
定期的なパスワード変更が重要だという当たり前の事件だったようです。お粗末。



【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


seventwentyeightninety


AndroidでVPN@中国

【PCとは異なり一手間…】


本サイトの管理人が毎日使っていて、毎年アメリカのVPNランキングにランクインするHide My Ass! Pro VPNPureVPN
おすすめしている理由は
  1. サーバとIPの設置数が多い(ブロックされた場合の回避策がある)
  2. ネットワークの反応が高速(YouTubeなど動画サイトで重要)
  3. サポートがライブチャット&24時間体制(VPN運営会社の身元がしっかりしている)

です。

個人事業主が運営するVPNサービスプロバイダーが最近増えてますが、おすすめしません。理由はかんたんで、自分の個人情報が知らない人のサーバ上を通るのは、中国政府に監視されているのと同じくらい危険なため。

#暗号化されていないメールなどにネット銀行のパスワード記載して誰かに送るとその時点で情報漏洩


ただ、ほとんどのVPNサービスプロバイダーのサイトは中国政府からブロックされています。そのため、モバイル(特にAndroid)で利用する場合、一工夫が必要です。

この理由は、これらのモバイル向け接続ソフトがブロックされているアドレスを見に行く仕組みが多いためで、手動で設定した方がラクです。

【VPNの手動設定方法】



Android(4.x)での手動設定は下記の通り
※管理人のAndroidは海外版なので英語なので読み替えしてください

1.設定(”Settings”)→”More”

18

2.”VPN”を選択

30

3.”Add VPN Profile”を選択

41

4.接続サーバを設定
※設定サーバは一覧(後述)

59

5.VPNの接続IDとパスワードを設定

29

【各VPNのサーバ設定】



Hide My Ass! Pro VPN
下記のサイトで接続先サーバの一覧(先にログイン必須)

Manually set-up VPN - no software
https://vpn.hidemyass.com/vpncontrol/myaccounts/pptp
※IDとPWが通常のログインと異なるので要注意。このサイト上部に記載。

PureVPN
下記のサイトにサーバ一覧。

PureVPN - PPTP/L2TP Manual Setup Hostname List

【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


seventwentyeightninety


VPN接続@中国

【中国で禁止されているフェイスブックをvpnで…?】


中国でLINEやフェイスブック、ツイッターが禁止されているのは世界中の知るところ。
そんな中、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が訪中。しかし、そんなフェイスブックに中国当局と官僚はこぞって否定発言。

中国ネット当局高官、フェイスブック中国参入の難しさを示唆
http://jp.wsj.com/news/articles/SB11875414796426453974304580247940992561922

その裏には香港のデモ運動があるとかないとか。
フェイスブック自体が政治運動を煽ることはないものの、「アラブの春」を後押ししたのもフェイスブック。中国大陸では、そんなネット活用にさらに目尻をあげてやっきになっている模様。

中国当局のネット締め付けが加速する2014年──香港デモきっかけにさらに強化
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/31/news102.html

フェイスブックに限らずLINEについても言及しています。

LINEを規制か 中国「法律守る必要がある」
http://www.sankei.com/world/news/141031/wor1410310041-n1.html

VPNなら中国で何でも使えるとは限りません。
特定のVPNについては、認証サーバやVPN自体をブロックしていることもあるため。だから、「VPN ランキング」や「中国 VPN ランキング」などで軽く検索したものが使えるという保証がない。

また、「VPN 比較」などで出てくる速度や反応なども参考にならない。というのも、中国当局次第で、ネットの状況が大きく変化するから。あと、この手の「VPN 比較」はアメリカや日本国内での話であって、中国現地で使ったらどうなるか?に言及したものが少ない。

無料VPNのほとんどはブロック済みです。有料のVPNでも超有名ドコロは利用ができない。
中国で快適なVPN利用を難しくしているのは、何が使えるのかが分からない、当局ごとに対応が異なるからでしょう。

快適なVPNライフが必要な方は、下記記事をご覧ください。


【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


seventwentyeightninety

中国で反スパイ法成立。あらゆる人と組織がスパイ扱いに!

【中国でフリーチベット!と言うと逮捕される?】


中国の憲法では、人民に思想の自由と、発表の自由があるようです。
中国人は学生の時に、このことを叩き込まれるとか。でも、その一方で治安維持の名の下に殺戮が繰り返されているのは(外国人の)周知の事実です。
そんなもともと権利のケの字もない国で、反スパイ法が成立しました。

中国の「反スパイ法」、日本や東南アジア念頭か 定義あいまい…恣意的運用も
http://www.sankei.com/world/news/141103/wor1411030011-n1.html

記事では日本が名指しになっています。

共産党関係者は「日本や東南アジアなどの周辺国との対立が増え、外国の情報機関が中国国内での活動を活発化させている」とした上で、「従来の国家安全法などでは対応しきれない部分が出ている」と話し、今回の法整備は日本や東南アジア諸国を念頭に置いていることを示唆した。
さすが反日の鏡、中国共産党!
でも、日本を撃退したのは、中国国民党だけれどね。

興味深いのは、あらゆる人と組織がスパイ扱いにできるという点。

中国国内の活動家が外国の政府や団体から資金援助を受けたり、知識人が外国のメディアに寄稿したりすることもスパイ行為と認定
フリーチベット!なんて叫んだだけで、労働教化刑なんて事がありうるのでしょう。
オソロシイ…。
ちなみに、各種メディアが騒ぎ出しています。

方便抓人! 中國通過反間諜法
http://news.ltn.com.tw/news/world/paper/826648

在中皆さんにおかれましては、VPNで中国政府の傍受を防いで、自分を護りましょう。
快適なVPNライフが必要な方は、下記記事をご覧ください。


【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


seventwentyeightninety

中国の監視(金盾)とGoogle

【中国に拠点を構える利点はあるのか?】


中国では金盾と呼ばれる監視システムが動作しており、海外とのやりとりはすべて監視されています。特に情報のやりとりができる検索やSNSへの締め付けは、習近平が台頭してから酷くなる一方です。
そんな中国に愛想を尽かした企業のカラムが掲載されています。

グーグル、中国での検索シェアがジリ貧に
2009年時点の3分の1、わずか10.9%に縮小
http://toyokeizai.net/articles/-/49215

中国共産党のこの監視システムの目的は大きく2点。
  1. 中国共産党に歯向かう動向をいち早く察知し葬り去ること
  2. オフショア開発程度しかできない国内IT産業をモノマネさせることで育成すること
いわば一石二鳥。
でも、外国人にとってはいい迷惑。使いたいサービスは使えない。Googleしてもブロックされる等々…。

グーグルだけではない。韓国系メッセージアプリのLINE(ライン)やカカオトークも、この夏突然サービスを遮断された。Didi(ディディ)、TalkBox(トークボックス)、Vower(バウワ)などのチャットサービスも同じ目に合った。ツイッターやフェイスブックなどの大手ソーシャルメディアは、昔から中国の検閲システム「グレートファイアウォール」に監視されている。

快適なVPNライフが必要な方は、下記記事をご覧ください。


【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


seventwentyeightninety

Avast!の無料VPNサービス

【Avast!と言えば…?】


Avast!と言えば、無料のアンチウイルスソフトウェアの老舗です。
最近では、ファイアウォール機能やスパム対策機能など、総合セキュリティソフトウェアへと変貌を遂げています。そんなAvast!ですが、モバイル向けに変わったアプリを提供しています。
それが、『SecureLine VPN』というものです。

SecureLine VPN
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.avast.android.vpn&hl=ja

モノとしてはとても簡易で、スイッチ一発でVPNというソフトウェアです。
導入も大変簡単です。
インストールすると、画面は1画面のみです。

01

画面中央にあるボタンをONにするだけ。
設定画面もほとんど皆無です。

15

念のためFacebook開いてみますが、ちゃんと開けます。

48
ただ、これはトライアル期間だけが無料のようで、継続して使うには購入が必要な模様。
また、かなり速度が遅かったです。VPNってどう使うの?という方にはオススメです。

快適なVPNライフが必要な方は、下記記事をご覧ください。


【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


seventwentyeightninety

LINEのアクティブユーザは30%と中国

【さもありなん】


中国でLINEがブロックされてから早3ヶ月が過ぎました。
上海近辺では、LINEなど忘れ去られようとしています。そんな中、LINEのアクティブユーザが発表されたようで、早速噛み付いているブログがありました。

LINEのアクティブ率30%とかのデータの丸呑みについて
http://blogos.com/article/96277/

確かに指摘されている通りなのですが、中国国内でのLINE市場シェアはそんなに高かったのか?と疑問。

中国の統計は全部ウソデタラメなので、信ぴょう性に欠けるものの、ブロックされる前の4月頃の値から言うと、10%前後はあったのかなと思われます。


LINE一強は日本のみ!? メッセージアプリの世界シェア再確認

http://ascii.jp/elem/000/000/880/880744/index-2.html


ネットを利用しているユーザがおおよそ7億人と言われており、アクティブなユーザが8割前後だとして、それでも5.6億人。そのうち10%をLINEが占めていたとしたら、約6,000万人。すごいな~。

ブログで指摘しているほどは多くなかっただろうと推測しますが、それでも数千万人いたと考えられますので、中共としてはブロックしたくなりますね。


今後、LINEを中共が解除する可能性はほぼ皆無なので、WeChatの一人勝ちでこの分野は終焉するものと思われます。

LINEを中国で使いたい!という方は、下記ご参考に。


【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!

管理者おすすめ優良VPN
Hide My Ass! Pro VPN(HMA) は、毎年VPNランキングでランクインするシンプルな料金体系で50を超える国や地域のサーバが利用できる高速VPNです(オススメNo.1)

HideMyAss.com

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!

PureVPN は、毎年VPNランキングNo.1に選ばれている高い信頼性と高速回線が特徴のVPNです(オススメNo.2)

PureVPN

PureVPN の導入方法はこちらの記事です!
12vpn は、中国からでもブロックされていないVPNです。若干割高ですが、中国からVPNなしでサインアップが可能です(中国国内向け)
12vpn

12vpn の導入方法はこちらの記事です!
地域別アクセス元
ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑投票お願い致しますm(_ _)m↑

中国語、次の一歩