中国でVPNを使う方法:2017年版 - 中国IT情報局

2017年も中国ではGmailやGoogleを含む多くのサイト・サービスが規制され接続ができません。日本にいた頃と同じように中国でGmailやGoogleを使うための手段であるVPN接続について解説

2015年1月末下記に移転しました。

https://jcvisa.info/

ブックマーク変更お願いします m(_ _)m

アメーバブログ(アメブロ)

中国とエロサイト


この記事は古い記事です。2016年の新しい記事はこちら
 → 中国(金盾) VS 25エロサイト 2016年版


【中国でエロサイトは見られるのか?】

中国ではポルノなどが一切禁止されています。例えば、中国のすべてのブログサイトでエロ記事を書いたりすると、アップロードが不可能か、数時間以内に削除されてしまいます。同じ理由から、そういうのを指南するようなサイトもあっという間に閉鎖させられてしまいます。

でも、エロ系と漢は切っても切れない関係です。どうしても見たい時とかどうすればいいんだ?とかになるわけです。国内がダメなら…じゃ、海外のサイトはどうなんだろう?ということでチェックしてみました。

【エロサイトの実験してみよう!】

今回は下記条件で実験してみました。
回線:中国電信(30Mbps光回線)
時間帯:12:00~13:00

無料系コンテンツ 有料系コンテンツ 【テスト結果…】

まず、取締側の中国人が読めない日本語についてはほぼノーチェック。
#中国人の多くがクレジットカード持ってないので、買えないのを見越してでしょうか?

逆に読める英語、特にフリーで見られる大手サイトはほぼ壊滅ということになりました。Foot Fetish Tubeのような厳密にはアダルトじゃないフェチ系や、Rude.comのようなライブチャットについては無視しているんでしょうか…?いまいちわかりません。

試しにAlexaで上位サイトが塞がれているのかと思ったのですが、xHamster'sなどはXVIDEOS.COMと同じくらいのランキングなのにお咎め無しです。むむむ…。

Alexa

日系サイトのいくつかはVPN経由だと見られるのですが、そのままだと見られません。どうも中国など東南アジアからのドメインを弾いているようです。XVIDEOS.COMなどの大手無料サイトやこういうサイトを見たい方はVPNを使えってことでしょうか。

快適なVPNライフが必要な方は、下記記事をご覧ください。

【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


Avast!の無料VPNサービス

【Avast!と言えば…?】


Avast!と言えば、無料のアンチウイルスソフトウェアの老舗です。
最近では、ファイアウォール機能やスパム対策機能など、総合セキュリティソフトウェアへと変貌を遂げています。そんなAvast!ですが、モバイル向けに変わったアプリを提供しています。
それが、『SecureLine VPN』というものです。

SecureLine VPN
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.avast.android.vpn&hl=ja

モノとしてはとても簡易で、スイッチ一発でVPNというソフトウェアです。
導入も大変簡単です。
インストールすると、画面は1画面のみです。

01

画面中央にあるボタンをONにするだけ。
設定画面もほとんど皆無です。

15

念のためFacebook開いてみますが、ちゃんと開けます。

48
ただ、これはトライアル期間だけが無料のようで、継続して使うには購入が必要な模様。
また、かなり速度が遅かったです。VPNってどう使うの?という方にはオススメです。

快適なVPNライフが必要な方は、下記記事をご覧ください。


【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


seventwentyeightninety

LINEのアクティブユーザは30%と中国

【さもありなん】


中国でLINEがブロックされてから早3ヶ月が過ぎました。
上海近辺では、LINEなど忘れ去られようとしています。そんな中、LINEのアクティブユーザが発表されたようで、早速噛み付いているブログがありました。

LINEのアクティブ率30%とかのデータの丸呑みについて
http://blogos.com/article/96277/

確かに指摘されている通りなのですが、中国国内でのLINE市場シェアはそんなに高かったのか?と疑問。

中国の統計は全部ウソデタラメなので、信ぴょう性に欠けるものの、ブロックされる前の4月頃の値から言うと、10%前後はあったのかなと思われます。


LINE一強は日本のみ!? メッセージアプリの世界シェア再確認

http://ascii.jp/elem/000/000/880/880744/index-2.html


ネットを利用しているユーザがおおよそ7億人と言われており、アクティブなユーザが8割前後だとして、それでも5.6億人。そのうち10%をLINEが占めていたとしたら、約6,000万人。すごいな~。

ブログで指摘しているほどは多くなかっただろうと推測しますが、それでも数千万人いたと考えられますので、中共としてはブロックしたくなりますね。


今後、LINEを中共が解除する可能性はほぼ皆無なので、WeChatの一人勝ちでこの分野は終焉するものと思われます。

LINEを中国で使いたい!という方は、下記ご参考に。


【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!

【自己防衛】中国で個人情報を守る方法

【日本を中傷誹謗する中共 でも、殺戮ランキング1位】


香港のデモはエスカレートする一方で、中国が目下重視する北京で開かれるAPEC(現在、11月11日で調整中)まで時間が残り一ヶ月程度となりました。人民解放軍兵士を民間に混ぜて暴行を行ったり(【香港民主化デモ】中国政府「便衣兵」が学生を襲撃)、装甲車を香港に送り込むなど、目下活発に鎮圧活動をやっているようです。

中国共産党にとって国家の威信や信用ははるかに優先度が低く、いかに現状体制を維持するか?に焦点を当てているので、香港のデモが長期化すると軍隊を使って殺戮するシナリオが現実味を帯びてきます。

イギリスのエコノミストの記事で下記のような引用がありました。

世界史上、最も多くの血が流された10の紛争のうち、2つは世界大戦だった。残り8つのうちの5つは、中国で起きたか、中国に端を発したかのいずれかだ。
出典は異なりますが、確かに人数だけを見ると、中国の殺戮度合いと言うのは抜きん出ています。
歴史上の人物で殺戮ランキングを探してみても、悪名高いヒトラーですら毛沢東の1/4程度です。すごいぞ、中国!

List of wars and anthropogenic disasters by death toll
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_wars_and_anthropogenic_disasters_by_death_toll

さて、そんな中国の人民抑圧政策の1つである金盾について、ビジネスジャーナルで記事が組まれています。

LINE利用停止事件から透ける、謎多き中国のネット検閲の実態 突然の遮断も
http://biz-journal.jp/2014/10/post_6263.html

基本的には、中国人向けにつくられたサービスを利用している。例えば、実名登録をして利用する中国版Facebookの「人人(renren)」や、中国版Twitterと呼ばれている「微博(weibo)」が代表的だ。このように、世界のトレンドに倣ったサービスがあるのだが、これらは検閲されており、政府にとって都合の悪い情報はすべて削除される。

まるで、ネット上すべて検閲されているような記載ですが、ネット上「以外」もすべて検閲されているのが正しいです。新聞、雑誌、TV番組はもちろん、通話やショートメッセージですらすべて監視対象です。
人が突然失踪するのも当たり前。近未来も見えている現代社会において、暗黒政府をリアルでやっているんだからオソロシイですね。

中国で拘束の朱教授、7カ月ぶり日本に 「心より感謝」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140228/chn14022816460002-n1.htm

【中国でどうやって身を守るのか?】


在中邦人が取れる対策としては…
  • ネット上のやりとりはすべてVPN経由にし、中国大陸を通っている間は検閲を回避する
  • モバイル端末のネットワーク利用でもVPNを常にONにする
  • Googleなどのアカウントは2段階認証を有効にする
  • 2段階認証で認証先に中国携帯を使わない(盗聴の可能性はありますが、携帯番号を突然変更されるなどはないと思われるので)
  • 中国サイトは仮想環境上で閲覧し、個人情報を含んだPCでは見ない
  • 個人情報を含んだPCにはウイルスチェック、起動時のパスワード、BIOS変更にもパスワードを掛ける
  • モバイル端末に中国製ソフトを同居させない。どうしても利用する場合でも、2段階認証などメールの中身を直接盗まれないよう注意する
  • PCでのサイト閲覧時は、Geotool(下記、詳細あり)などを利用し、中国国内のダミーサイトへの誘導がないか毎回確認する
  • ネットバンクなどへのアクセスする場合は、SSL認証を必ず確認する
  • 現地のATMで邦銀のカードやクレジットカードは避ける

特に、Geotoolはかなりオススメです。

サイト表示時に、サーバがどこにおいてあるのかがわかるので、邦銀など日本国外にはなさそうなところをアクセスした時に、異なる国が表示されていれば、詐欺かもしれません。


geotool


中国で、自分を護れるのは自分です。

皆さん、気をつけましょう。


【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!

速度テスト 2014-10-01

【香港デモの影響か?】


国慶節を中国で残って過ごしている皆様いかがでしょうか。
上海高島屋では、国慶節向け福袋が売っていました。
日本米+日清サラダ油+α で店頭価格の半額程度で売られていたのでお得でした。
ちなみに、この福袋は抽選券付きで、一等賞は空気洗浄機の模様。なんだかな…。

50

さて、香港のデモの影響でしょうか、検閲が強化されているようです。
VPNを張っても切断されたりします。
ただ、人間の少ない国慶節の今だからこそ、速度テストしました。

速度テストでは、5回時間帯を変えて(昼、午後と夜間)それぞれ2回ずつ(昼だけ1度)の平均を取りました。

【VPNなし(上海中国電信 8M光)】
反応速度:143ms
下り速度:3.66Mbps
上り速度:1.08Mbps

PureVPN
反応速度:249ms
下り速度:2.09Mbps
上り速度:1.20Mbps

Hide My Ass! Pro VPN
反応速度:105ms
下り速度:3.81Mbps
上り速度:2.26Mbps

12vpn
反応速度:225ms
下り速度:0.87Mbps
上り速度:(計測不能)

Hide My Ass! Pro VPNが全体的にレスポンスが高い上に安定して速度が出ました。
接続先はTaiwan LOCS2です。

前から12vpnは以下の点から一度切ろうかと考えています。
  • サポート体制が貧弱(PureVPNHide My Ass! Pro VPNはLiveChatによる24-365サポートだが、ここは個人?サポート)
  • 一部利用が出来ないサービスが存在する(IRCなど)
  • 勝手にAdsenseが削除される

他にも2vpnサービス(合計5サービス)使っているのですが、オススメしている2サービス以外は速度とサポート考えると微妙です。

ご参考までに。

Instagram中国でブロック

【香港民主化デモの完全抹殺への路】


香港では民主化を求めて大きなデモが発生していますが、これに対応するかのように中国では各種サービスのブロックが強化されています。
写真の共有で海外では有名なInstagramがブロックされた模様です。

「Instagram」、中国でアクセス不能か--香港民主化デモ受け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140929-35054384-cnetj-sci

---
複数の監視サイトや中国発の報道によると、Facebookが所有する同写真共有アプリは中国本土でブロックされているという。今回の動きは、香港の警察が催涙ガスを使って抗議者を道路から排除する様子をとらえた写真や動画がInstagramを含むソーシャルメディアサイトに投稿されていることを受けて、実施されたようだ。
---

984228_10152823994037448_8969566127395959698_n

習近平も、こんな写真が出回っちゃうと困りますもんね。
ちなみに、中国アプリでも同様にこの手の報道が全部遮断されています。

---
中国のTwitter風ミニブログサイト「Weibo」では、「Occupy Central」というフレーズがブロックされたという。
---

香港Yahooなどでは、特集が組まれており報道が相次いでいます。

佔領中環新聞專輯
https://hk.news.yahoo.com/hong-kong/622/?CLEAR_CACHE

FacebookやTwitter上では、香港入りをした中国人民解放軍の装甲車などが激写されており、天安門事件香港版の様相を呈しているようです。

10155322_10152271924397827_4481262596664175814_n

もともとお金がなくて困窮していたために香港を特別扱いしていたものの、資金力が付いて、アリババの上場で自信を付けた中共としては、香港をそのまま維持するメリットがなくなったということでしょう。
香港、さようなら…。

中国人ユーザがチャイナユニコムを提訴!

【国家権力に真っ向から提訴】


Google含めて海外サイトへの規制強化をしている習近平と中国共産党ですが、この度人民から訴えられています。正確には、接続サービスを提供しているチャイナユニコム(英語:Chinaunicom 中国語:中國聯通)ですが、その訴えている内容がすごいです。

---
グーグルへの接続求め裁判 中国深せん、接続業者を提訴
2014.9.6 00:26 [中国]

 中国広東省深●(=土へんに川)市の男性が、米検索大手グーグルのウェブサイトに接続できないとして、プロバイダー(接続業者)の中国の通信大手、中国聯通(チャイナユニコム)を訴えた訴訟が同市の裁判所で4日に開かれた。香港メディアが5日伝えた。

 中国当局によるインターネット検閲をめぐる問題が裁判になるのは珍しい。男性は、中国が民主化運動を武力弾圧した天安門事件から25年となった今年6月を前に、5月ごろからグーグルのサイトやメールが利用できなくなったと主張。

 男性は、政府が検閲していると誰でも知っていると指摘した上で「聯通は支払いに見合うサービスを提供する義務がある。聯通が『政府の行為だ』と主張するのなら証拠を見せるべきだ」と訴えた。
---

この訴えは中華系サイトでも取り上げられています。

無法上谷歌 陸民狀告中國聯通
https://tw.news.yahoo.com/%E7%84%A1%E6%B3%95%E4%B8%8A%E8%B0%B7%E6%AD%8C-%E9%99%B8%E6%B0%91%E7%8B%80%E5%91%8A%E4%B8%AD%E5%9C%8B%E8%81%AF%E9%80%9A-111318731.html

深圳網絡維權者汪龍稱互聯網自由需爭取
http://www.bbc.co.uk/zhongwen/trad/china/2014/09/140905_china_internet_lawsuit.shtml

封鎖Google第一案 原告:法院涉偽證
http://ap.ntdtv.com/news/20140906/video/131856.html

この方と同姓同名で、同じ深センにいる人が勾留されたという記事があります。

甘肅籍深圳公民、獨立記者汪龍,因前往深圳福田被拘留
http://www.bannedbook.org/bnews/zh-tw/weiquan/20140702/271803.html

”最近幾年活躍在網路上,自稱是獨立記者,主要報道載體在網路(包括群、微博、微信)並參與了近幾年的幾乎所有公民活動,這次被捕前,曾經發出信息。”

自称記者(中国では官憲以外は自称になるでしょうが…)で、各種中国媒体上で公民権運動されている方の模様。頑張って欲しいです。
でも、拉致と殺害にも気をつけていただきたいですね。

QQ Out(Skype Outのパクリ)がAndroidでも実装

【iPhone版に続いてAndroidでも…】


中国と言えばQQ!と言うくらいにメジャーなQQ。
以前にiPhone版でQQ Outと言うSkype Outのパクリ機能が実装されたことをお知らせしましたが、9/4にAndroid版がリリースされています。

59
で、出だしを見たところ「great rates!」でアレ?と思ったのですが、Android版は固定電話への通話にお金を取るようです。

17
Skype Outの料金表を見ると、最も割高なSkypeクレジット利用時でも1.7セント/分なのでかなり割高です。
おまけにもれなく盗聴されるという特典付き。
誰が使うのだろう?と思ったのですが、LINE(ライン)がその路を通ったようにSkypeもQQ Outの登場でブロックされるのかもしれません。

28

この機能を使うのに、コールリスト(電話帳)へのアクセス許可が必要となっており、個人情報ももれなくゴッソリ取っていくようです。
ああ、オソロシイ…。

中華製Androidのスパイウェアにご注意

【工場出荷時に戻してもネットに接続すると勝手に復活】

中華製Androidにスパイウェアが入っていたニュースがありましたが、手元のAndroidが似たようなものでした。

中国製スマートフォンに多機能スパイウェア
http://china-net.doorblog.jp/archives/54175940.html

まず、このAndroidを工場出荷時に戻します。SDカードなども全部削除します。
その後、Wifiなどに接続します(Googleアカウントは作らない)
すると、すぐに見慣れないアプリケーションが作成されています(ダウンロード欄に)

Screenshot_2013-03-02-11-25-11

ぱっと見た感じでは、Google Playの中国語版に見えますが、Google Playは別途ちゃんとあります。また、このアプリケーションの詳細情報を見ると下記の通り。

Screenshot_2013-03-02-11-25-27

com.uucun4470.android.cms:remote
とあります。知らない素性だなぁ…。
おまけにこいつ、勝手にダウンロード&インストールされています。

Screenshot_2013-03-02-11-28-05

他にも…

・ GSearch(Google Searchとは別)
・ GFirewall(Googleにはファイアウォールなんてない)

などなど。偽装アプリも多彩です。
おまけに、このアプリケーションは、いろいろな情報を取得するようで…
  • 端末ステータス/ID
  • 位置情報
  • SDカードへのアクセス
  • ネットワークへのフルアクセス
  • 他アプリへのアクセス
  • 他のアプリケーションの上に重ねて表示
など。

インストールアプリをご注意下さい!

言論統制強化で蒼井そらや壇蜜駆逐される

【アプリに続いてサイトも閉鎖】

人治の国こと中国で、8月7日から始まった言論統制強化に加えて、サイト上のコンテンツも次々と閉鎖に追い込まれています。その煽りで蒼井そらや壇蜜を含んだコンテンツも削除されているそうです。

---
壇蜜や蒼井そら、ネットから消えた=「成人向け」撲滅キャンペーン再開―中国
http://news.livedoor.com/article/detail/9133044/

中国では今年4月、公安部や国家インターネット情報弁公室など、4つの国家機関が「掃黄打非・浄網行動2014」と銘打ったサイト取り締まりキャンペーンを開始。成人向け作品に出演する女優や男優の中国版ツイッターのアカウントが、相次いで削除される事態となった。
---

この動き自体は表向きで、実際には隠れて閉鎖されたサイト自体が目的なのではないでしょうか。反日暴動と同じでスケープゴートにされている可能性が高いです。
管理者おすすめ優良VPN
Hide My Ass! Pro VPN(HMA) は、毎年VPNランキングでランクインするシンプルな料金体系で50を超える国や地域のサーバが利用できる高速VPNです(オススメNo.1)

HideMyAss.com

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!

PureVPN は、毎年VPNランキングNo.1に選ばれている高い信頼性と高速回線が特徴のVPNです(オススメNo.2)

PureVPN

PureVPN の導入方法はこちらの記事です!
12vpn は、中国からでもブロックされていないVPNです。若干割高ですが、中国からVPNなしでサインアップが可能です(中国国内向け)
12vpn

12vpn の導入方法はこちらの記事です!
地域別アクセス元
ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑投票お願い致しますm(_ _)m↑

中国語、次の一歩