VPNを中国で使う方法 - 中国IT情報局

2017年も中国ではGmailやGoogleを含む多くのサイト・サービスが規制され接続ができません。日本にいた頃と同じように中国でGmailやGoogleを使うための手段であるVPN接続について解説

VPNを中国で使う方法 - 中国IT情報局 イメージ画像
2015年1月末下記に移転しました。

https://jcvisa.info/

ブックマーク変更お願いします m(_ _)m

中国おすすめVPNサービス

中国ニュース

【白タク乗ってそのまま失踪…】 中国共産党が進める風紀取り締まり活動に沿って、連日中国メディアでは報道が続いています。特にオンナ/金の報道は、人民の興味もそそるので標的になりやすいようです。江蘇省で起きた事例では、こんな写真と一緒に報道されています。面白い
『黒車(白タク)にご用心』の画像

【民間なんぞお構いなし…】 『北海道アイヌ協会』を乗っ取った在日朝鮮人の話題がホットな今日この頃、皆様いかがお過ごしですか?朝鮮大好きなYahoo! Japanでは、アイヌ人について言及した金子議員の揚げ足取りに必死です。「民族としてのアイヌは既に滅びた」~世界大百

【外資標的の発端となった食肉問題】 中国の社会不安や度々起こる天災で、中国社会が揺れていますが、その場の対応を賞賛したり、いくら献金した等々を報じることはあっても、何が問題で、これからどうするべきか?を討論するようなメディアを見たことがありません。今までも

【新規徴収財源に外資が標的に】 習近平の就任後、中国政府は非常に精力的に主流派以外の資金源を潰してきました。特に広東を中心に行った性風俗の取り締まりでは、一節によるとGDPの数%を飛ばしてきたとも言われています。中国には基礎技術や自由な研究環境、権利の保証や市

【愚民化政策の中国はどこまで持つのだろう?】 中国では中国共産党の設立意義と独裁体制の維持のために、日々正当性を強調する報道がされていますし、教育現場でも同じことをやっています。そんな中国の現状を共産党の視点から紐解いたいいカラムがあったのでご紹介。中国を

【我很久没有啪啪啪了】 中国人(女)と話をしていたら、以下の様な一文が。中国人(女):「不好意思,我很久没有啪啪啪了」前後の文章から意味はわかったのですが、どういう意味だろうと思ってGoogle。---啪啪啪,是形声词,原本是指“拍手”的拟声词,后被网民恶搞,引申成借

【伸び幅が25%強】 値下げ渋り膨らむ在庫 中国住宅市場、着工の落ち込み長期化http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140808/mcb1408080500019-n1.htmここ最近、中国では連日住宅価格の話題が尽きませんが、数字にも現れて顕著化しています。特に、2級3級都市では在庫の膨らみ

【上海でも広東でも…】 面白いネタが入ったので追加ネットでボール型スピーカを新品で購入。箱を開けてみると、丁寧に包装。おおっ!と思って接続してみようとすると、何故か接続できない。よくよく見る…までもなく、USBのコネクタ規格が一致していない。コードはポータブ
『中国でよくあること その2』の画像

【上海でも広東でも…】 中国各地を出張仕事、その他で訪問して遭遇したことを挙げてみます。長くいると、アレ?とも思わないことが多くなるのですが、よくよく考えるとおかしな話だったりするわけで…。宅配業者が昼間にお届けしてくれる。会社にいるから夜に配達をお願いす

【だって人災だもん】 地震は人災という記事を書いた直後に、産経Bizに似たような記事が。工場爆発は続くでしょうし、地震で子供が死ぬのは続くでしょうし、新幹線が事故直後に埋められ続けることでしょう。なぜなら、中国のキーワードは、教訓から学べない&歴史から学べな

【法はあれど施行されず。しかし、魚雷のようにあなたを狙う】 中国は法制度自体はアジアでもトップクラスの整備を誇ります。しかし、実際に施行されているかはまた別の話です。中国共産党自体が思いつきで法律を制定、しかししっかり施行されないのでざるになるというのを繰

【国内暴動、爆発に続いて地震】 中国南部で地震が発生し、150名以上が死亡したとの報道が出ています。中国雲南省でM6.5 150人死亡、180人不明http://www.asahi.com/articles/ASG836W1DG83UHBI011.htmlただ、雲南省では地震が比較的多い地域で2000年以降だけでもM5を超える地

【カナダに続いてアメリカでも】 先日カナダで中国のプロパガンダ機関である「孔子学院」にストップがかかりましたが、今回はアメリカの教授組織で抗議声明が発表されました。---米国の大学を侵食する中国の「孔子学院」    全米最大級の教授組織が抗議声明http://jbpress

↑このページのトップヘ