VPNを中国で使う方法 - 中国IT情報局

2017年も中国ではGmailやGoogleを含む多くのサイト・サービスが規制され接続ができません。日本にいた頃と同じように中国でGmailやGoogleを使うための手段であるVPN接続について解説

VPNを中国で使う方法 - 中国IT情報局 イメージ画像
2015年1月末下記に移転しました。

https://jcvisa.info/

ブックマーク変更お願いします m(_ _)m

中国おすすめVPNサービス

中国

【中国で禁止されているフェイスブックをvpnで…?】 中国でLINEやフェイスブック、ツイッターが禁止されているのは世界中の知るところ。そんな中、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が訪中。しかし、そんなフェイスブックに中国当局と官僚はこぞっ
『VPN接続@中国』の画像

【邪魔。本当に邪魔。】 中国は14億人の人口を抱える大国です。小日本なんて目じゃない。どのくらい目じゃないかと言うと、こんな奴がいるくらいスゴイ。じゃ~ん!朝の通勤時間帯、一本しかない歩道を清掃員がカートを歩道の上に止めて一服。当然、狭くなるので往来がしづら
『何も考えていない人たち』の画像

【中国でフリーチベット!と言うと逮捕される?】 中国の憲法では、人民に思想の自由と、発表の自由があるようです。中国人は学生の時に、このことを叩き込まれるとか。でも、その一方で治安維持の名の下に殺戮が繰り返されているのは(外国人の)周知の事実です。そんなもとも
『中国で反スパイ法成立。あらゆる人と組織がスパイ扱いに!』の画像

【そこのけそこのけ車が通る】 中国にも道交法に類似した法規はあります。しかし、この国は暴力団こと中国共産党が作った政府です。権力と金があれば法律は不要です。中国語には、「上有政策,下有對策」と言うくらいですので、誰も法規なんて守りません。その一例が、以下の
『歩道も車道』の画像

【キャパシティのない交通機関】 日本の通勤風景は押し鮨に代表されるようにかなり過酷です。しかし、人口が10倍以上の中国はそれに輪をかけて悲惨です。特に、地下鉄を補うために張り巡らされているバスは必要もないのに自家用車通勤する人に引きづられて遅延とコメディのよ
『通勤風景@上海』の画像

【おもちゃにもプロパガンダ】 中国共産党のキチガイぶりは習近平が登場して以来、ようやく日本でも認知されつつあります。そんな中国にピッタリのおもちゃを偶然見つけました。場所は、観光地で有名な豫園の近く。玩具問屋の一角です。では、どうぞ!子供向けのラジコンヘリ
『中国共産党のキチガイぶりを垣間見るおもちゃ』の画像

【セキュリティ検査…という名の邪魔な人】 中国人、と言っても人口が多いので多種多様な人がいます。ただ、90%くらいの人に通じるのが、『働かない』です。本日は、存在意義が全くわからない保安員のお話です。チベットやウイグルでの暴政に加えて、官憲の横暴で庶民の暮ら
『働かない人たち3@中国』の画像

【そんなオフィス需要あるのかな?】 中国の浦東新區は、上海で後発開発地区で新しいオフィスビルが次々と完成しています。そこに新しいもの好きの中国人とビジネスチャンスを狙って外資が集まっています。そんな中でもひときわ目を引くのがこちらのビル。中国版ブルジュ・ド
『中国版ブルジュ・ドバイこと上海中心が完成間近』の画像

【環境の破壊屋】 中国は習近平を始めとする中国共産党自体が強盗集団ですが、今日になって大量に小笠原諸島近海に押し寄せて、海洋資源の盗掘をしている模様。中国国旗か、赤い旗掲げる…小笠原沖に不審船http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141023-00050119-yom-soci&pos
『小笠原周辺で中国が海洋資源を盗掘』の画像

【中国に拠点を構える利点はあるのか?】 中国では金盾と呼ばれる監視システムが動作しており、海外とのやりとりはすべて監視されています。特に情報のやりとりができる検索やSNSへの締め付けは、習近平が台頭してから酷くなる一方です。そんな中国に愛想を尽かした企業のカ
『中国の監視(金盾)とGoogle』の画像

【やることがすべて中途半端。ぱっと見だけ】 中国!と言うと、4,000年の歴史などと言われます。冒頭の1,000年くらいはかなり怪しい。証拠がほとんど無かったりする上に、文献も後世が勝手に追加している可能性も否定し難かいのです。昔の出来事新しいは、日本も共通です。た
『いい加減な人たち@中国』の画像

【デマと風評の根源 QQとWeChat】 9割の中国人が利用するQQ(Skypeの中国版)とWeChat(中国名 微信,Twitterの中国版)はインスタントメッセンジャとしての機能に加えて、mixiやFacebookのように日記、つぶやき機能が搭載されています。PCでも利用できますが、携帯電話への対応

【物乞いよりはマシですが…】 中国では物乞いに加えて、資源ごみを回収して生計立てている人が少なからずいます。その一つが、駅にいる古紙回収業者の人たちです。彼らは、人通りの多い各駅の階段口やエスカレータ口に陣取って、乗降客が読み終えた新聞や雑誌を回収していま
『古紙回収業者@駅の中』の画像

↑このページのトップヘ