VPNを中国で使う方法 - 中国IT情報局

2017年も中国ではGmailやGoogleを含む多くのサイト・サービスが規制され接続ができません。日本にいた頃と同じように中国でGmailやGoogleを使うための手段であるVPN接続について解説

VPNを中国で使う方法 - 中国IT情報局 イメージ画像
2015年1月末下記に移転しました。

https://jcvisa.info/

ブックマーク変更お願いします m(_ _)m

中国おすすめVPNサービス

携帯

【ガ~ラガラ~…】 低成長時代を迎えた中国。とは言え、年率換算で7%強と小日本なんか片手で握りつぶしてやる!くらいの勢いです。そんな中国の習近平は、7月にLINE(ライン)やカカオトーク(解除済)をブロックして訪韓してみたり、同月末からは言論統制強化期間を設定し国内
『ゴースト百貨店@上海南京東路で見る中国経済』の画像

【ggrksみたいなもんですかね?】 とあるグループチャットでの会話。発言人A「この写真Pしているだろ。顔が全部変わっている。他の写真はないの?」発言人B「ちょっとPしているね。他の写真はないけれど、実物とほとんど変わらないよ、私が保証する」---しばし、「P」ってな
『Pする?』の画像

【呪われそうだ…】 上海高島屋で見かけた変なモノ。人面ナシでしょうか?ビリケンの緑色みたいな感じでデキが悪いです。こんなのをちゃんと包装しているので、贈答向けなのだと推測しますが、こんなのもらったら、その場でゴミ箱に捨ててしまいそうです。趣味が悪いなぁ~と
『人形焼ならぬ人形ナシ@上海高島屋』の画像

【初めて中国で視るまつたけ…】 中国の各地を訪れていますが、今日初めてまつたけを売り場で見かけました。場所は上海高島屋のB1生鮮食品売り場。2本ほどで190RMB(約3,200円)でした。でも、あまり鮮度が…。これならば、出前館(上海の日本人向けデリバリーサービス)で1kg 45
『松茸@上海高島屋』の画像

【お値段は東京並!】 上海は中国の中でも一番発展している(と言われている)都市ですが、物価も一番高いと言われています。特に、日本人を含む外国人が多い古北、新天地、静安寺、浦東新区はうっかり買い物をすると、東京以上のお値段になります。上記の台湾産愛文マンゴーは
『台湾愛文マンゴー@SOGO』の画像

【中国バブル崩壊論がまた高まっている…】 中国バブル崩壊論は、ここ10年くらい延々と言われていますが、しぶとく乗り切ってきました。各地に作られているゴーストタウンもなんのその、開発熱は収まりません。ただ、中国の四大銀行がこぞって資金集めをしたり、各地政府が不

【どっちもどっち…】 中国生産の鋼材は、市場シェア的に言うとトップです。ここ数年の不動産バブルに乗って生産力を年々増加させてきました。この生産力は中国国内の経済減速が始まっているにもかかわらず、同期前年比で3%を超えています。また、この余剰力はEU全体の2倍に

【ついに…】 交換2回目、3個目で当たりを引きました。運がいいのか、悪いのかわかりません。現地スタッフからは、なんで中国メーカ製品買うのか?日系を買うべきだろう!中国製は不良品が多すぎ…などのご意見を頂戴した上で、Midea製品は買わないほうがいいと言われました

【Mideaいい加減にしろや…】 交換申請当日、再度持ってきました。前回:電源が入らない今回:電源コードが定まらない(常に収納ボタン押した状態)再々度交換です。血圧が上がりそう…(ヽ´ω`)ハァ次は、付属品が足りないとか言う中国漫才やってくれるんでしょうか?
『不良品乱造メーカ Midea Episode.2』の画像

【家電最大手 Mideaですら…】 中国淘寶と並んでネット販売大手の京東で掃除機を買いました。(奥にある美的 Mideaとあるのが掃除機です。手前は掃除機じゃありません)1,400Wの高出力とお値段(380RMB 約6,400円)に惹かれて購入。見た目も良さそうです。昨日ポチったら本日9時
『不良品乱造メーカ Midea』の画像

【外資は意外とたくましい】 中国に投資をしていた米系銀行が中国銀行への投資を引き上げたニュースがありましたが、その中国系銀行がアメリカ市場での資金調達にプレミアムが付いているようです。信用度欠く資金調達に懸念 中国不良債権拡大で米市場http://www.sankeibiz.jp

【中国経済バブルの先行き不透明感高まる】 中国の国内経済状況があまり芳しくありません。まず、中国のGDPの半分を占める総固定資本形成のうち個人消費と関連する不動産の売れ行きが鈍化しています。前月比と比べると下落しているものの、前年同月比では上海ですらまだ4%弱

【世界各地に広がるチャイナタウン】 中国の投機マネーは、不安定な中国国内から海外に向かっていましたが、ここに来て投資受け入れ側の国々が慎重な姿勢に転じたようです。---世界の不動産市場に流入するチャイナマネー「シャドーバンキング」破綻を警戒する欧米諸国http://

↑このページのトップヘ