中国でVPNを使う方法:2017年版 - 中国IT情報局

2017年も中国ではGmailやGoogleを含む多くのサイト・サービスが規制され接続ができません。日本にいた頃と同じように中国でGmailやGoogleを使うための手段であるVPN接続について解説

2015年1月末下記に移転しました。

https://jcvisa.info/

ブックマーク変更お願いします m(_ _)m

方法

中国とエロサイト


この記事は古い記事です。2016年の新しい記事はこちら
 → 中国(金盾) VS 25エロサイト 2016年版


【中国でエロサイトは見られるのか?】

中国ではポルノなどが一切禁止されています。例えば、中国のすべてのブログサイトでエロ記事を書いたりすると、アップロードが不可能か、数時間以内に削除されてしまいます。同じ理由から、そういうのを指南するようなサイトもあっという間に閉鎖させられてしまいます。

でも、エロ系と漢は切っても切れない関係です。どうしても見たい時とかどうすればいいんだ?とかになるわけです。国内がダメなら…じゃ、海外のサイトはどうなんだろう?ということでチェックしてみました。

【エロサイトの実験してみよう!】

今回は下記条件で実験してみました。
回線:中国電信(30Mbps光回線)
時間帯:12:00~13:00

無料系コンテンツ 有料系コンテンツ 【テスト結果…】

まず、取締側の中国人が読めない日本語についてはほぼノーチェック。
#中国人の多くがクレジットカード持ってないので、買えないのを見越してでしょうか?

逆に読める英語、特にフリーで見られる大手サイトはほぼ壊滅ということになりました。Foot Fetish Tubeのような厳密にはアダルトじゃないフェチ系や、Rude.comのようなライブチャットについては無視しているんでしょうか…?いまいちわかりません。

試しにAlexaで上位サイトが塞がれているのかと思ったのですが、xHamster'sなどはXVIDEOS.COMと同じくらいのランキングなのにお咎め無しです。むむむ…。

Alexa

日系サイトのいくつかはVPN経由だと見られるのですが、そのままだと見られません。どうも中国など東南アジアからのドメインを弾いているようです。XVIDEOS.COMなどの大手無料サイトやこういうサイトを見たい方はVPNを使えってことでしょうか。

快適なVPNライフが必要な方は、下記記事をご覧ください。

【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


中華製Androidのスパイウェアにご注意

【工場出荷時に戻してもネットに接続すると勝手に復活】

中華製Androidにスパイウェアが入っていたニュースがありましたが、手元のAndroidが似たようなものでした。

中国製スマートフォンに多機能スパイウェア
http://china-net.doorblog.jp/archives/54175940.html

まず、このAndroidを工場出荷時に戻します。SDカードなども全部削除します。
その後、Wifiなどに接続します(Googleアカウントは作らない)
すると、すぐに見慣れないアプリケーションが作成されています(ダウンロード欄に)

Screenshot_2013-03-02-11-25-11

ぱっと見た感じでは、Google Playの中国語版に見えますが、Google Playは別途ちゃんとあります。また、このアプリケーションの詳細情報を見ると下記の通り。

Screenshot_2013-03-02-11-25-27

com.uucun4470.android.cms:remote
とあります。知らない素性だなぁ…。
おまけにこいつ、勝手にダウンロード&インストールされています。

Screenshot_2013-03-02-11-28-05

他にも…

・ GSearch(Google Searchとは別)
・ GFirewall(Googleにはファイアウォールなんてない)

などなど。偽装アプリも多彩です。
おまけに、このアプリケーションは、いろいろな情報を取得するようで…
  • 端末ステータス/ID
  • 位置情報
  • SDカードへのアクセス
  • ネットワークへのフルアクセス
  • 他アプリへのアクセス
  • 他のアプリケーションの上に重ねて表示
など。

インストールアプリをご注意下さい!

言論統制強化で蒼井そらや壇蜜駆逐される

【アプリに続いてサイトも閉鎖】

人治の国こと中国で、8月7日から始まった言論統制強化に加えて、サイト上のコンテンツも次々と閉鎖に追い込まれています。その煽りで蒼井そらや壇蜜を含んだコンテンツも削除されているそうです。

---
壇蜜や蒼井そら、ネットから消えた=「成人向け」撲滅キャンペーン再開―中国
http://news.livedoor.com/article/detail/9133044/

中国では今年4月、公安部や国家インターネット情報弁公室など、4つの国家機関が「掃黄打非・浄網行動2014」と銘打ったサイト取り締まりキャンペーンを開始。成人向け作品に出演する女優や男優の中国版ツイッターのアカウントが、相次いで削除される事態となった。
---

この動き自体は表向きで、実際には隠れて閉鎖されたサイト自体が目的なのではないでしょうか。反日暴動と同じでスケープゴートにされている可能性が高いです。

中国、ネット上での言論統制強化へ

【物を言えない国 - 中国】

中国政府は7日付で言論統制の強化を盛り込んだ新規定を公布しました。
ネットの普及と留学が一般化したことで、中国の政治体制に対する不満が高まりつつあること、富の偏在化が顕著になったこと、愛国教育のおかげで反日精神を学んだもののもともと情緒的な人々をさらに煽ったので、いつ矛先が政府に向くか分からないから、全て抑えこんでしまおうという内容です。

史記には下記のような一文があります。

民の口を防ぐは水を防ぐよりも甚だし
 
〔史記 周本紀〕
人々の言論を封じることは,水を防ぐよりも困難で,無理に行うとそのうらみが爆発して大きな害をひきおこす。

もちろん、中国政府も知らないわけではなく、以前に似たような投稿をしています。

「言葉のせき止め湖」の危険にどう対処する
http://ivanwil.cocolog-nifty.com/ivan/2008/07/post_f586.html

ここ最近、人災とも言える出来事が相次いでいます。通り魔が増えるのは、社会が不安定化した証拠らしいのですが、ここをどう乗り切るのかが注目ですね。

---

 中国国家インターネット情報弁公室は7日、スマートフォン(多機能携帯電話)でチャットなどを楽しむ「微信(ウェイシン、英語名WeChat)」など無料通信アプリの管理強化を定めた新規定を、国営通信新華社を通じて公布、即日施行した。

 習近平指導部には、共産党支配に対する批判を抑え込むとともに、新疆ウイグル自治区などで相次ぐ暴力事件を受けた「テロ対策」強化の狙いがありそうだ。

 微信は日本で使われている無料通信アプリ「LINE(ライン)」と機能が似ているため、中国版LINEとも呼ばれ、ユーザーは6億人超。党や指導部への批判的文書が出回るケースもある。

 新規定は全10条。アプリの管理側に、専門の人員を配置して「一般大衆が発信した違法で問題のある情報を即座に処理する」よう要求。利用者には登録時に「社会主義制度や国家利益、公共秩序」などを順守するとの誓約書を管理側に提出するよう義務付けた。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140807/mcb1408071906022-n1.htm

VPN別速度テスト in Japan

【日本2日本で接続】

日本に行く機会があったのでついでに各VPNプロバイダの日本サーバにつなげてテスト。バックボーンの太さを実験しました。

Hide My Ass! Pro VPN(HMA)
------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.5001
測定日時: 2014/07/30 07:04:32
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 14.08Mbps (1.76MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 6.63Mbps (827.5KB/sec)
推定転送速度: 14.08Mbps (1.76MB/sec)

---

PureVPN
------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.5001
測定日時: 2014/07/30 07:07:03
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 487.81Kbps (60.52KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 754.51Kbps (93.91KB/sec)
推定転送速度: 754.51Kbps (93.91KB/sec)

12vpn
------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.5001
測定日時: 2014/07/30 07:08:13
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 10.01Mbps (1.25MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 9.94Mbps (1.24MB/sec)
推定転送速度: 10.01Mbps (1.25MB/sec)

Hide My Ass! Pro VPN(HMA)が安定して速度が出ていました。アメリカ経由で別の速度テストサーバにアクセスした場合でも、一定して速度が出ています。
逆にPureVPNは詰まっているような感じを受けました。
12vpnはそこそこ速度が出るものの、いくつかのサイトを開けない怪奇現象が起きており、サーバ側に問題があるものと思われます。
ご参考までに。

中国発「LINEの違反ID」販売グループを直撃

【LINE遮断続報】

激化するチャットアプリ業界 LINEのライバル、テンセントの実力は!?
http://zuuonline.com/archives/13818

スマートフォン向けチャットアプリ「微信(ウェイシン)=英語名WeChat」を展開する中国最大手のインターネット会社テンセントの第1四半期の決算が公開されました。売上高は184億元で前年同期の135億元から増加し、純利益ベースで見ると前年同期比で60%増の64億6000万元(10億4000万ドル)となっています。中国IT御三家の一角、テンセントのその原動力とは何なのでしょうか。

---

国家がバックにいて、相手が台頭して来たら遮断ですから、実力なくても勝てますね!
そんなブロックされたLINEですが、これを副業にしている人がいるらしい。

---

中国発「LINEの違反ID」販売グループを直撃
http://nikkan-spa.jp/675897

方法はいたって簡単。中国で700円程度で売られているプリペイドSIMカードを購入し、その番号で電話認証をしてアカウントを作成。あとはメアドを登録して紐付けし、IDとパスワードのセットして譲るのだ。受け取った日本にいるユーザーは手持ちのスマホに、そのIDでログインし、「秘密のある操作」(S氏)を経て、無事使えるようになるという。

---

LINE、中国でアクセス困難に--遮断が原因か
http://japan.cnet.com/news/service/35050433/

LINEとカカオトーク、中国で不通続く
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/10/2014071001231.html

今月1日から中国国内では無料通話アプリ「LINE(ライン)」の全機能と「カカオトーク」の一部機能が利用できない状態が続いている。当初は習近平国家主席の訪韓と関連があるのではないかとの観測もあったが、習主席が帰国後も不通が続いており、業界は抗議もできないままいら立ちを募らせている。

---

宗主国には何も言えないのですね。かわいそうな朝鮮ヒトモドキだなぁ…。

LINEとUNIQLO

【中国でLINEグッズ販売会】

中国では断続的にLINE公式サイトが開けませんが、たまにメッセージの送受信ができるなど不安定な状態が続いています。ブロックならブロックでも構わないのですが、安定してブロックして欲しいですね。そんなLINEですが、上海のデパートでLINEキャラクターグッズ販売会が行われていました。

line2014-07-09-01

line2014-07-09-02

こんな状況で販売会するのもさすが中国ですが、実際はイベント会場の会場費支払っちゃったからとりあえず開催したよ!のノリなのだろうと予測。楽観的でへこたれないのが中国スピリッツなのでしょう。
ユニクロも同じノリで、LINEキャラクターTシャツの販売を7/11から始めるようです。

line2014-07-09-05

完全ブロックされてしまうと、身も蓋もないですね。
ちなみに、このデパートでは5,888RMBを一日でお買い上げすると赤いブタのマスコットがもらえるキャンペーンやっていました。

line2014-07-09-03

5,888RMBは約10万円なので日本でもそれなりの額だと思うのですが、それだけ買ってついてくるブタの置物がこれまた可愛くない。デパートの入り口には置物の巨大版がおいてあったのですがすごく微妙です。MaxMaraとかBurberry買う人がこんなのもらって喜ぶんでしょうか…不思議な国、中国からでした。

line2014-07-09-04

「LINE 中国 8.8.8.8」?



【中国でLINEが使えないのはDNSが原因?】

ここ数日、検索キーワード「LINE 中国 8.8.8.8」のボリュームが増えています。不思議に思い検索すると、下記のような情報を複数サイトが載せています。

---
中国では技術的な問題から、LINEの公式サイト「line.me」が正常に正引きできない。そのため、サイトを開くことができない。解決策としてDNS設定をGoogleパブリックDNSサーバである「8.8.8.8」にすると開くことができる。
---

これは正しくありません。
少なくとも「line.me」の正引きは中国国内でも正常にできます。チャイナユニコム網でこのドメインを引くと「119.235.235.44(この値は変動の可能性あり)」と返されます。ブラウザで「http://119.235.235.44/」を開くと一応開けます。HTTPサーバのエイリアス設定上、IPを直接叩くと生死だけを返すページを表示するようですが、ドメインが引けないので…ということであれば、このページすら表示されません。また、同IPをwhoisすると下記のようにLINE株式会社が所有していることを確認できます。

Network Information: [ネットワーク情報]
a. [IPネットワークアドレス]     119.235.235.0/25
b. [ネットワーク名]             LINE
f. [組織名]                     LINE株式会社
g. [Organization]               LINE Corporation
m. [管理者連絡窓口]             JP00034420
n. [技術連絡担当者]             JP00034420
p. [ネームサーバ]
[割当年月日]                    2009/02/06
[返却年月日]                    
[最終更新]                      2013/06/26 17:44:05(JST)

【NGワードを含んだコンテンツは遮断対象なのか?】

また、下記のような記事もあります。

中国でLINEが禁止に!?日本人が「天安門事件」と送ったことが原因か
http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/39709811.html

しかし、こちらも誤っている可能性が高いです。語句の問題として、中国では「天安門事件」とはあまり呼びません。「六四事件」と一般には呼ばれます。

六四事件
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E5%9B%9B%E4%BA%8B%E4%BB%B6
※中国国内からは閲覧不可

実際、チャイナユニコム網でYahoo! Japanを開いてキーワードを検索してみます。
「天安門事件」や「64事件」と検索すると検索結果が正しく表示されます。また、ブログのコンテンツの中に先の2句が含まれていても正常に表示できます。
しかし、「六四事件」と入れると、例えYahoo! Japanであっても接続が切断されます。このことから、一部のまとめサイトで騒がれている内容は可能性として低いと思われます。
中国の検閲システムは、百度や捜狗など検索システムについてはブラックリストを作成し遮断し、海外の検索やサイトの閲覧については、検索語句の検閲とドメイン名のネガティブリストに基づく遮断を行っていると考えられます。従って、Yahoo!などでFacebookは検索結果として表示されるものの、サイトは開くことができず、「六四事件」の検索は遮断されるが「64事件」で表示された「六四事件」を含むサイトはドメインが遮断対象ドメインになっていなければ閲覧ができるということです。

逆に言うと、中国の検索エンジンに表示されたくなければ、NGワードをてんこ盛りにしておくと、いいということなのかもしれません。

VPNによる回避方法は下記ご覧ください。

中国でLINE(ライン)やDropbox(ドロップボックス)が接続できないワケ

seventwentyeightninety

【すべて「中国のネット規制」】

ここ最近のトラックを見ると、LINE(ライン)やDropbox(ドロップボックス)が接続できなくてここにたどり着いた方が多いようです。
どちらのアプリまたはサイトがつながらない理由は簡単で、すべて「中国のネット規制」のせいです。また、メール(Gmail)が規制される理由も同様です。中国でGoogleが繋がらないわけもGmailと同様で規制対象となっているためです。

他にも規制されているサイトがあります。下記のサイトでチェックができます。

中国で規制されているウェブサイト
http://matome.naver.jp/odai/2140330844475604701


中国で利用できるVPNで無料のものは、現状ほぼ存在しません。2012年秋以降、非常に厳しく中国当局がブロックしているためです。無料のVPNクライアント自体はダウンロードできても、サーバに接続できませんので利用ができないのです。

有料VPNでおすすめしたいのは、下記3つになります。

【おすすめ1位 : Hide My Ass! Pro VPN
  • 理由は他の同規模ベンダに比べて価格が安いこと
  • 対中国対応に力を入れており複数のサポート体制を構築済
  • LiveChatサポートによりリアルタイムサポートが受けられる
  • 【導入方法 : 導入方法

【おすすめ2位 : PureVPN

  • 理由は他の同規模ベンダに比べてバックボーンが太いので速度が速い
  • サポートチームが24時刊365日で対応
  • 対中国対応に非常に力を入れておりダウンロード時点で分けて対応するほど
  • 毎年アメリカのサイトでランキングNo.1に輝いている
  • 日本サーバの接続もかなり速く反応も良い
  • 【導入方法 : 導入方法

【予備アカウント向け : 12vpn

  • 理由は中国国内でVPN環境を持ってない人でも申し込みが可能
  • Alipay(支付寶)の利用可能
  • 【導入方法 : 導入方法
  • ※サーバは香港。速度が若干出ない/当局の動き次第で消滅の可能性あり
Skypeがいつブロックされるのか楽しみです…。

【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


seventwentyeightninety

中国共産党 次のブロックアプリは「Skype」



【歴史を紐解くと、模倣→ブロックの繰り返し】

LINEやカカオトークが2014-07-01からブロックされたままですが、次ブロックの対象となりそうなのは「Skype」です。中国の電脳版万里の長城こと金盾は、C2Cなサービスが出るとすぐにブロックをしてきたわけではありません。ほとんどの場合において、海外で新規サービスが出現する→国内業者が模倣する→海外サービスをブロックするというのを繰り返してきています。いくつか例を挙げると…

検索エンジン

  • Google 1998年09月
  • 百度 1999年10月
チャットアプリ
  • MSNメッセンジャ 1999年07月
  • 腾讯QQ 1999年02月

音声チャットアプリ

  • Line 2010年03月
  • WeChat(微信) 2011年01月

SNS

  • Facebook 2004年02月
  • 人人網 2005年12月
  • Twitter 2006年06月
  • weibo(新浪微博) 2009年08月
ネット決済
  • Paypal 1998年12月
  • Alipay(支付宝) 2004年12月

特にここ数年は、新しいサービスが出ると一気に広まるので、中国でもすごい勢いで模倣しています。ただ、それは国内のIT業界を守りたいとか、中国市場を形成して音頭を取ろうというものよりも、純粋にお金/人/情報の流れをコントロールしたいというところにあるようです。

その理由としては、今は消えましたがSkypeTOMはSkypeという名称は保ちつつも、中国にログ提出するSkype中国語版を用意提供することで逃れていました。当局の管轄下にないC2Cな情報の流れは看過しない。それが中国共産党の方針ではないでしょうか。


そう考えると、今一番ブロックされやすいのは、Skypeになります。ただ、MicrosoftはFBIに情報を流していたことがあったので、実はSkypeTOMの事業を引き継いだ時にアクセスログを提出しているのかもしれません。ここ1年間でSkypeに似たアプリがでれば、Skypeはブロックされるでしょうし、でなければSkypeの運用元を疑ったほうがいいのではないでしょうか。

管理者おすすめ優良VPN
Hide My Ass! Pro VPN(HMA) は、毎年VPNランキングでランクインするシンプルな料金体系で50を超える国や地域のサーバが利用できる高速VPNです(オススメNo.1)

HideMyAss.com

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!

PureVPN は、毎年VPNランキングNo.1に選ばれている高い信頼性と高速回線が特徴のVPNです(オススメNo.2)

PureVPN

PureVPN の導入方法はこちらの記事です!
12vpn は、中国からでもブロックされていないVPNです。若干割高ですが、中国からVPNなしでサインアップが可能です(中国国内向け)
12vpn

12vpn の導入方法はこちらの記事です!
地域別アクセス元
ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑投票お願い致しますm(_ _)m↑

中国語、次の一歩