中国でVPNを使う方法:2017年版 - 中国IT情報局

2017年も中国ではGmailやGoogleを含む多くのサイト・サービスが規制され接続ができません。日本にいた頃と同じように中国でGmailやGoogleを使うための手段であるVPN接続について解説

2015年1月末下記に移転しました。

https://jcvisa.info/

ブックマーク変更お願いします m(_ _)m

VPN比較

中国で反スパイ法成立。あらゆる人と組織がスパイ扱いに!

【中国でフリーチベット!と言うと逮捕される?】


中国の憲法では、人民に思想の自由と、発表の自由があるようです。
中国人は学生の時に、このことを叩き込まれるとか。でも、その一方で治安維持の名の下に殺戮が繰り返されているのは(外国人の)周知の事実です。
そんなもともと権利のケの字もない国で、反スパイ法が成立しました。

中国の「反スパイ法」、日本や東南アジア念頭か 定義あいまい…恣意的運用も
http://www.sankei.com/world/news/141103/wor1411030011-n1.html

記事では日本が名指しになっています。

共産党関係者は「日本や東南アジアなどの周辺国との対立が増え、外国の情報機関が中国国内での活動を活発化させている」とした上で、「従来の国家安全法などでは対応しきれない部分が出ている」と話し、今回の法整備は日本や東南アジア諸国を念頭に置いていることを示唆した。
さすが反日の鏡、中国共産党!
でも、日本を撃退したのは、中国国民党だけれどね。

興味深いのは、あらゆる人と組織がスパイ扱いにできるという点。

中国国内の活動家が外国の政府や団体から資金援助を受けたり、知識人が外国のメディアに寄稿したりすることもスパイ行為と認定
フリーチベット!なんて叫んだだけで、労働教化刑なんて事がありうるのでしょう。
オソロシイ…。
ちなみに、各種メディアが騒ぎ出しています。

方便抓人! 中國通過反間諜法
http://news.ltn.com.tw/news/world/paper/826648

在中皆さんにおかれましては、VPNで中国政府の傍受を防いで、自分を護りましょう。
快適なVPNライフが必要な方は、下記記事をご覧ください。


【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


seventwentyeightninety

中国の監視(金盾)とGoogle

【中国に拠点を構える利点はあるのか?】


中国では金盾と呼ばれる監視システムが動作しており、海外とのやりとりはすべて監視されています。特に情報のやりとりができる検索やSNSへの締め付けは、習近平が台頭してから酷くなる一方です。
そんな中国に愛想を尽かした企業のカラムが掲載されています。

グーグル、中国での検索シェアがジリ貧に
2009年時点の3分の1、わずか10.9%に縮小
http://toyokeizai.net/articles/-/49215

中国共産党のこの監視システムの目的は大きく2点。
  1. 中国共産党に歯向かう動向をいち早く察知し葬り去ること
  2. オフショア開発程度しかできない国内IT産業をモノマネさせることで育成すること
いわば一石二鳥。
でも、外国人にとってはいい迷惑。使いたいサービスは使えない。Googleしてもブロックされる等々…。

グーグルだけではない。韓国系メッセージアプリのLINE(ライン)やカカオトークも、この夏突然サービスを遮断された。Didi(ディディ)、TalkBox(トークボックス)、Vower(バウワ)などのチャットサービスも同じ目に合った。ツイッターやフェイスブックなどの大手ソーシャルメディアは、昔から中国の検閲システム「グレートファイアウォール」に監視されている。

快適なVPNライフが必要な方は、下記記事をご覧ください。


【管理者オススメVPN】

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!


seventwentyeightninety

【2014年10月7日】中国で動作するIPVanish導入方法

HMAの予備アカウントとして…】


先日、VPNベンダごとの速度テストをしました。
いつどういう意図でブロックされるかわからない中国で、複数手段を持っておくことは重要です。速度テストでも出てきていたIPVanishの導入方法書いていないことに気づいたので記事を追加しました。

logo

IPVanish自体はランキングにも出てくる常連で、老舗です。
特徴としては(公式サイト上でのセールスポイント)以下の通り。
  • 60カ国 135台強のサーバを保有(この情報は若干古く現在150台以上)
  • ストリーム(Youtubeやニコニコ動画など)に対応
  • iPhoneやAndroid端末にも対応(専用アプリ)
  • 速度とコスパが良い

以下、導入方法です。


1.IPVanish公式サイトを開きます。

2.「Start Now」のボタンをクリックします。

3.好きなプランを選びます。どのVPNベンダにも共通しますが、1年間契約が月当たりのコスパが一番いいです。

ipvanish01
※私が購入した時はキャンペーン開催していて、さらに10%Oオフでした。

4.購入時に指定したメアドに確認のメールが来ます。

ipvanish02
5.メール認証が終わると、専用ソフトのダウンロードを促されるので、「Download Software」をダウンロードします。

ipvanish03
6.ちなみに、同一のページにモバイル向けのアプリも記載されています。

ipvanish04
7.ダウンロード後、セットアッププログラムがありますので起動します。

ipvanish05
8.このセットアッププログラムが非常に簡潔です。Optionsとありますが、インストール先の変更しかできません。まさにお任せアプリです。

ipvanish06
9.専用ソフトを起動すると、どこに接続するかを聞かれるので選択します。

ipvanish07
10.サーバを選択は、プルダウンから選んでも、マップ上から選んでも可能。選択後、Connect(接続)をクリックして完了です。

ipvanish08

11.設定項目もほとんどないと言っていいほど、何もありません。シンプルです。

ipvanish09


速度などについては、この記事(オススメVPN@中国 2014年国慶節版)を参考にお願いします。


速度やサーバ数、IP数などを考えるとHide My Ass! Pro VPN(HMA)がオススメですが、予備としては十分です。このベンダのサーバはアジア圏に絞って言うと、PINGが総じて速いです(概ね100以下)

オススメVPN@中国 2014年国慶節版

【一長一短 どれがオススメなのか?】


国慶節も本日まで。明日から通常営業です。
さて、時間を持て余していたので、再度速度テストをしました。10月1日の前回と異なり、大部分の人が上海市内に戻ってきているので、普段利用している環境で、どのVPNがいいのか。また、接続先を変更した場合、どの程度のパフォーマンスが出るのか?を計測しました。

比較対象となるVPNは以下の通りです。

速度テストの接続先は、Speedtest.netです。普段の利用用途が日本のサイトを視ることを念頭に、東京の測定サーバを利用しました。

手順はVPN接続→テスト実施→別のVPN接続と言う具合に、毎回切り替えながら実施しました。これは、特定の時間帯で測定に偏りが出るのを防ぐためです。

では、行ってみましょう。


【測定編(業務用VPN)】



まずは、業務用VPNです。越境速度を確かめるために実験しました。
理論上、シェアを目的としていないVPNなので、一番速度が出るはずです。

speedtest

PING:45
下り速度(ダウンロード):14.66
上り速度(アップロード):2.26

圧倒的な速度です。
当たり前ですね(笑)

【測定編(PureVPN)】



次に、PureVPNです。日本サーバに接続してテストしました。

1回目
purevpn1

2回目
purevpn2

2回目の下り速度がそこそこ出ていますが、安定さに欠けます。
詳細を見てみるとわかりますが、山が安定しません。
purevpn_detail

【測定編(IPVanish)】



次に、IPVanishです。本サイトでは、紹介一発目です。
主に別のVPNが死滅した時ように予備としてアカウント買っています。

1回目
ipvanish1

あまり速度が出ません。
別のVPNサイトで接続速度のトラブルFAQに、特定の回線が絞込されることがあると記載があったので、日本と同一の反応速度があった韓国サーバに再接続して2回目テストします。

ipvanish2_skorea

PING速度が若干落ちたものの、速度としては良好です。

【測定編(Hide My Ass! Pro VPN(HMA))】



次に、Hide My Ass! Pro VPN(HMA)です。本サイトでたびたび紹介しており、私のメインアカウントになります。

1回目
hma1

2回目
hma2

1回目、2回目共に速度が極めて良好です。
また、上り速度も業務用VPN並で文句のつけようがありません。
ビバHide My Ass! Pro VPN(HMA)

【測定編(12vpn)】



次に、12vpnですが…接続が安定せず、ブツブツ切れちゃってテストになりませんでした。
サポートに問い合わせするも反応なし。
今回はパスにしました。

【結局、どのVPNがいいの?-まとめ】



ここまででは、HMAの一人勝ちですが、他の要素も考慮してみます。
  • 同時接続数 - 同一のアカウントでいくつまで接続できるか。3デバイス以上で満点。
  • サポート -困ったときのサポート体制がどうなっているのか。24時間365日(不休)で満点。
  • 対応OS -対応OSが少ないと手動で設定することとなり面倒。3OS対応で満点。
  • モバイル対応 -対応OSと同じ。Android/iPhone両対応で満点。
  • 接続サーバ拠点 -特定ドメインや地域がブロックされた場合の回避策のあるなし

以下、採点です。


PureVPN
  • 速度: △ -そこそこ
  • 同時接続数: ◎ -端末含めて5デバイスまでok
  • コスパ(お値段/年間): ◎
  • サポート体制:◎ -24時間365日サポート
  • 対応OS:◎ -Windows/Mac/Linux対応
  • 接続種類:◎ -PPTP/L2TP/SSTP
  • モバイル対応:◎ -iPhone/Android対応
  • 接続サーバ拠点:50カ国,300サーバ以上
  • 備考:VPNランキングの常連
IPVanish
  • 速度:◯ -速い部類。PING速度は良好
  • 同時接続数:△ -1PC/1携帯端末のしばりあり。複数接続の場合、別途オプション購入
  • コスパ(お値段/年間):◯
  • サポート体制:△ -米国東部標準時刻ESTで9:00~17:00
  • 対応OS:◎ -Windows/Mac/Linux対応
  • 接続種類:◯ -PPTP/L2TP対応
  • モバイル対応:◎ -iPhone/Android対応
  • 接続サーバ拠点:40カ国,150サーバ以上
  • 備考:同時接続とサポート体制に難あり
Hide My Ass! Pro VPN(HMA)
  • 速度:◎ -文句なし。Youtubeなどもサクサク見られます
  • 同時接続数:◯ -端末を選ばず2セッションまで。さらに必要であれば追加購入
  • コスパ(お値段/年間):◯
  • サポート体制:◎ -24時間365日サポート
  • 対応OS:◎ -Windows/Mac/Linux対応
  • 接続種類:◯ -PPTP/L2TP対応
  • モバイル対応:◎ -iPhone/Android対応
  • 接続サーバ拠点:91カ国,600サーバ以上
  • 備考:日本サーバへの接続が困難
12vpn
  • 速度:☓ -接続確立後、実はセッションが切れていることがある
  • 同時接続数:◎ -無制限設定はここだけ
  • コスパ(お値段/年間):☓ -欧米系と比較すると20%近く高額
  • サポート体制:☓ -メールのみ。個人が対応している?
  • 対応OS:◎ -Windows/Mac/Linux対応
  • 接続種類:◯ -PPTP/L2TP対応
  • モバイル対応:◎ -iPhone/Android対応
  • 接続サーバ拠点:情報公開なし。サーバ数から言うと100台未満と予測
  • 備考唯一中国でブロックされていない。銀聯カードも可能。他のVPN購入のための足場

【まとめ】

採点してみると、Hide My Ass! Pro VPN(HMA)+伺かが一番良さそうです。


私の場合は、コスパが高いPureVPNを携帯端末(外出用途)を複数台に入れておき、メインのPCではYoutubeやFacebookの更新を頻繁にかけるのでHMAを利用しています。


(*・ω・)ノ


seventwentyeightninety




【参考までに…】

広告を見かける「パンダVPN」や「チョモランマVPN」も比較してみると…
※速度はわからないので割愛

パンダVPN
  • 同時接続数:◎ -6アカウントまで
  • コスパ(お値段/年間):◯ -欧米系と同等
  • サポート体制:☓ -メールのみ。個人が対応している?
  • 対応OS:☓ -手動設定のみ
  • 接続種類:◯ -PPTP/L2TP対応
  • モバイル対応:☓ -手動設定のみ
  • 接続サーバ拠点:日本のみ。サーバ数非公開
  • 備考:非公開情報多すぎ。大阪にある個人法人が運営?

チョモランマVPN

  • 同時接続数:◎ -5アカウントまで
  • コスパ(お値段/年間):☓ -欧米系と比較すると30%近く高額
  • サポート体制:☓ -メールのみ。個人が対応している?
  • 対応OS:☓ -手動設定のみ
  • 接続種類:☓ -PPTP対応のみ?
  • モバイル対応:☓ -手動設定のみ
  • 接続サーバ拠点:日本のみ?サーバ数非公開
  • 備考:サーバ運営会社の所在地すら公開していない。どういう会社なんでしょう?

VPNは自分の個人情報の通り道になりますので、皆さん(運営会社がはっきりしているという意味で)身元がわかる安全な業者を使って、快適なネットライフ@中国をお過ごしください。


ちなみに、中国では「Hide My Ass! Pro VPN(HMA)」や「PureVPN」など外資系VPNはブロックされているため、困っている方がいると思います。

購買代行しております。vpn_cn(アットマーク)yahoo.co.jpまでご相談ください。

【2014年9月4日現在】中国で動作するHMA VPNも大幅増強

Hide My Ass! Pro VPNも新説/増強ラッシュ】


昨日PureVPNがサーバの新設/増強したことをお知らせしましたが、ほぼ同時期にHide My Ass! Pro VPN(以下、HMA)でもサーバと回線の増強をしていました。
オフィシャルサイトでは、ニュース項目がなかったので見過ごしていたのですが、HMAの公式ブログでアナウンスしていました。以下が増強内容です。

【2014-8-21 サーバの新規/増強追加】
  • バヌアツ(Vanuatu), Loltong (124 IPs) (* 新規追加)
  • バヌアツ(Vanuatu), Loltong (124 IPs) (* 新規追加)
  • ミャンマー(Myanmar), Yangon (124 IPs) (* 新規追加)
  • キリバチ(Kiribati), Umwa Village (124 IPs) (* 新規追加)
  • ガボン(Gabon), Libreville (124 IPs) (* 新規追加)
  • ルワンダ(Rwanda), Kigali (124 IPs) (* 新規追加)
  • ギニア(Guinea-Bissau), Bissau (123 IPs) (* 新規追加)
  • ベラルーシ(Belarus), Minsk (125 IPs) (* 新規追加)
  • グルジア(Georgia), Tbilisi (126 IPs) (* 新規追加)
  • ナミビア(Namibia), Windhoek (124 IPs) (* 新規追加)
  • ベニン(Benin), Cotonou (124 IPs) (* 新規追加)
  • ボツワナ(Botswana), Gaborone (124 IPs) (* 新規追加)
  • ブルキナファソ(Burkina Faso), Ouagadougou (124 IPs) (* 新規追加)
  • ジブチ(Republic of Djibouti), Djibouti (124 IPs) (* 新規追加)
  • パラオ(Palau), Melekeok (124 IPs) (* 新規追加)

ベラルーシとかグルジア除くと、ほぼアフリカンラッシュですね… ('∀`)

  • アメリカ, New York, Albany (Loc 1 Server 14) (124 IPs) (New virtual location)
  • 香港, Shatin (Loc 1 Server 3) (127 IPs)
  • ドイツ, Bavaria, Munich (Loc 2 Servers 3 – 4) (246 IPs)
  • イギリス, Berkshire, Maidenhead (Loc 1 Servers 20 – 24) (622 IPs)
  • アメリカ, Georgia, Atlanta – Virtual Germany (123 IPs)
各地域で、新規に1サーバを追加した模様ですね。

これらの増強の結果、91地域で運用されており、80,000を超えるユニークIPをサポートとなったとのこと。
回線を更に増強してくれるともっと嬉しいのですが…。
導入については下記の記事をご覧ください。

中国IT情報局 -中国インターネット規制&検閲に打ち勝つ!-
【2014年7月3日現在】中国で動作するHMA VPNの導入方法

設定等でわからない場合は、コメント欄にお書き下さい。

【2014年9月4日現在】中国で動作するPureVPNが大幅増強

PureVPN新説/増強ラッシュ】


本サイトでご紹介しているPureVPNですが、8月の中旬にサーバの新設と増強を大幅に実施しています。
オフィシャルサイトでもアナウンスされていますが、以下が増強内容です。

【2014-8-22 サーバの新規追加】
  • リトアニア
  • スロヴァキア
  • モルドバ
  • エストニア
  • アルバニア
各地域で、新規に1サーバを追加し、各サーバで255個のIPをサポート。サポートプロトコルは、PPTP, L2TP, SSTPとOpenVPN(UDP 53, TCP 80)。

【2014-8-22 サーバの増強】
  • オーストラリア
  • フィンランド
  • スペイン
  • アメリカ
  • 日本
  • 韓国
各地域で、新規同様に1サーバずつ追加し、同じく各サーバで255個の新規IPをサポート。オーストラリアでは、回線の増強も同時期に行われており1Gbpsになったようです。

【2014-8-30 サーバの増強】
  • オランダ
オランダでは、2サーバ追加が追加されており、510個の新規IPをサポート。

これらの増強の結果、50地域で運用されており、300台のサーバ、40,000を超えるユニークIPをサポートとなったとのこと。頼もしいですね。
導入については下記の記事をご覧ください。

中国IT情報局 -中国インターネット規制&検閲に打ち勝つ!-
【2014年7月3日現在】中国で動作するPureVPNの導入方法

設定等でわからない場合は、コメント欄にお書き下さい。
管理者おすすめ優良VPN
Hide My Ass! Pro VPN(HMA) は、毎年VPNランキングでランクインするシンプルな料金体系で50を超える国や地域のサーバが利用できる高速VPNです(オススメNo.1)

HideMyAss.com

Hide My Ass! Pro VPN の導入方法はこちらの記事です!

PureVPN は、毎年VPNランキングNo.1に選ばれている高い信頼性と高速回線が特徴のVPNです(オススメNo.2)

PureVPN

PureVPN の導入方法はこちらの記事です!
12vpn は、中国からでもブロックされていないVPNです。若干割高ですが、中国からVPNなしでサインアップが可能です(中国国内向け)
12vpn

12vpn の導入方法はこちらの記事です!
地域別アクセス元
ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑投票お願い致しますm(_ _)m↑

中国語、次の一歩